TCG Review

サイト内検索

vol.10 佐賀県に見る アジア旅行客集客の道のり
三田村 蕗子

1 / 5ページ

fukiko_banner
2016年7月号
※本コラム「ワールドワイド トレンド」は、アジア編・ヨーロッパ編・米国編の輪番で毎月掲載しています。
 


 
訪日タイ人旅行客が増えている
 
11002068757
 
訪日タイ人旅行客が、短期滞在ビザが緩和された2013年以降、激増している。日本政府観光局(JNTO)の統計によると、2015年は前年比21.2%増の79万6700人(推計値)と過去最高を記録。また2016年3月には前年同月比7.9%増の9万9700人となり、3月単月の過去最高を更新した。
 
 
ちなみにタイでは3月に連休がない。また4月のソンクラーン(旧正月)休暇前でもあり、出費を抑える時期である。そうした悪条件の中で過去最高の数字を記録したことから、その勢いの強さをお分かりいただけるだろう。
 
 
筆者の周囲でも、日本を何度も旅行しているタイ人が非常に目立つ。東京や大阪、北海道といったメジャーな場所だけでなく、もっと日本の「普通の場所」を訪ねたいと、マイナーな土地を選んで旅するファンも少なくない。
 
 
続々と増えるタイ人リピーター。そんな彼・彼女たちを獲得しようと、今、日本全国の自治体がタイに乗り込み、激しい顧客獲得合戦を繰り広げている。タイでは年に数回、旅行をテーマにした展示会が開催されており、47都道府県のほとんどが出展していることをご存じだろうか。
 
 
東京都、大阪府、北海道の大型ブースはもちろんのこと、浅草や上野がある東京・台東区、成田空港のある千葉県、さらには和歌山県、島根県、広島県、福岡県、熊本県、東北のブースがずらりと並ぶ。巡るだけで日本の津々浦々を旅行した気分になるほどである。
 
 
各ブースで話を聞くと、「タイ人の反応は非常に良く、ぜひとも集客を増やしていきたい」と誰もが熱心に語っていた。「大声で騒がない」「ルールを守る」というタイの国民性も、受け入れ側には好評である。そして何より、購買意欲が旺盛で、現地にお金を落とす点が高く評価されている。「爆買い」は中国人旅行客だけでなく、タイ人においても当てはまる。
 

1 2 3 4 5