TCG Review

サイト内検索

環境配慮型の工法開発でナンバーワンを目指す
コンクリートコーリング × タナベ経営

2 / 5ページ

201903_index_consultaidan
2021年2月号

 

 

コンクリートコーリング 経営統括室長 中元 美緒氏
関西学院大学経済学部卒。2013年入社。経営統括室長就任後は、持ち前の実行力と既成概念にとらわれない創造性を生かし、DX含め業務改善を強力に推進。経営と社員の待遇バランスを常に考え、会社の風土を変化させている立役者。秘書検定1級と建設業経理士1級を独学で取得。現在は中小企業診断士合格を目指して勉強中。

 

 

経営課題を洗い出し社内改革を一気に推進

 

森田 タナベ経営とのお付き合いは2017年から始まりました。その背景にはどのような事情があったのですか。

 

藤尾 当社は今期の反省と次期の計画を話し合う経営総合会議を開いています。2017年の経営総合会議には経営統括室長の中元が女性社員として初参加し、「中小企業のための内部統制の向上にかかるチェックリスト」を提出しました。

 

これは「当社が今どういう状態にあるのか」を評価するものですが、当社は145点中51点。私は社長を継承して5年が経過し、多少業務に慣れた時期だったので、自分の不行き届きを指摘されたようで非常に恥ずかしい思いをしました。

 

当時、私は今後の成長戦略を模索しており、さまざまな書籍に目を通していました。その中にタナベ経営のコンサルティングを高く評価したものがあったことがお付き合いのきっかけになりました。

 

タナベ経営との付き合いが始まると当社の問題点が次々に洗い出され、まるで人間ドックに入ったような感じでした。この3年間、経営理念と中期ビジョンの策定、社内アカデミーの創設、人事制度とウェブサイトのリニューアル、ジュニアボードの実施に取り組む中、「社内の雰囲気が変わってきた」と感じています。

 

 

 

1 2 3 4 5