TCG Review

サイト内検索

Vol.23 「これからのラグジュアリー」の種

1 / 4ページ


2021年9月号

 

 

服飾史研究家の中野香織氏

 

 

本連載で度々触れてきたように、2020年6月より招待制の「ラグジュアリーの新しい意味を探る勉強会」を毎月オンラインで開催してきた。そこで見つけた「これからのラグジュアリー」の種を読者の皆さまへ共有したい。

 

 

抵抗し主流を変える新旧の衝突

 

ラグジュアリーの範囲はファッション、クルマ、グルメなど多岐にわたり、中でもファッションは最も早く新しい動向を見せる。そこで「ラグジュアリーの新しい意味を探る勉強会」ではファッションに詳しい服飾史研究家の中野香織氏に共同主宰者となってもらった。メンバーには中野氏のようなファッションへの造詣が深い人が欠かせなかった。

 

会の参加者は10名前後だ。実業家、メディア、アカデミア、デザイン、戦略コンサルタントの方など、どなたも実力派として評価の高い方である。

 

毎回3時間、濃密な議論を重ねている同会。プログラムのうち1時間ほどは、主宰者が依頼したテーマを常連メンバーかゲストスピーカーに話してもらい、残りの時間を議論に使う。例えば、本連載の第21回(2021年7月号)で触れたガンディーとラスキンの関係についてのテーマは、静岡大学の本條晴一郎氏がこの勉強会で話した内容だ。今回は、中野氏と同会の1年を振り返った際に話し、印象に残っていることを紹介したい。

 

中野氏はクラシコム(生活雑貨を取り扱うECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営)代表取締役である青木耕平氏の言葉をまず引用した。

 

「青木さんが『この会の目的はラグジュアリーにおける宗教改革なのですね』とおっしゃったとき、すごく考えが整理されたような気がしたのを覚えています。19世紀に英国で起こったダンディズムが『抵抗』の表現であったように、ファッションの歴史は抵抗の歴史です。今、ラグジュアリーの新しい意味を探る動きがあるのは、従来のハイブランドの在り方に疑問を抱く人たちが抵抗しているからなのでしょうね」(中野氏)

 

その時々の主流に違和感を抱き、人々が抵抗していくことで、ラグジュアリーの目指すべき目的地を変えていく。その過程を青木氏は、16世紀のヨーロッパに起きた新旧キリスト教の衝突である宗教改革になぞらえたのだ。

 

メインストリームに属する人達が世間で「品の良い正統派」とされ、新しく勢いを持ち始めた人たちが自らの「格上げを図る」目的で正統派のラグジュアリーをまねる。そのような繰り返しが歴史にはある。20世紀にラグジュアリーの代表と称された英国やフランスのブランド(ダンヒルやエルメスなど)も、格上げを図るため19世紀につくられたものが多い。年数を経るに従い、「品があるもの」として目が肥えた人たちが評価するようになる。このような構図があった。

 

「誰しもが本物を好きで、本物を気取ったものは嫌われるのです。19世紀、英国の文人、トーマス・カーライルやウィリアム・メイクピース・サッカレーたちは、その手の“ニセモノ”を強く批判しました」(中野氏)

 

ラグジュアリーは本物と正統性が常に問われる。ただ、実はここに答えはない。

 

前回(2021年8月号)に取り上げたが、文化には常に他文化の要素が混じっており、本物や正統性を厳密に問い始めると必ずと言ってよいほど議論が起こる。したがって、ラグジュアリーの世界では批判精神が大事なのだが、本物や正統性は論理だけでは片が付かない。この複雑さをくぐり抜けるためにうまいロジックの運びとその際の態度が大切で、洗練された考え方が必要になる。

 

 

 

1 2 3 4