TCG Review

サイト内検索

Vol.72 主力事業に陰りが見えたら

1 / 2ページ

mori_banner
2021年9月号

 

 

コスモテックウエアラブルメモ「wemoバンドタイプ」

腕に着けておけるため、とっさにメモを取ったり、忘れたくないことのリマインドなどにうってつけ。5000回ほど文字の書き消しができる。バンドタイプの他に、パソコンに貼るパッド型や、iPhoneケース型がある

 

 

腕に着けるメモ

 

自社を長年支えてきた事業が、外的な要因で厳しい局面にさらされることがあります。そのような逆境下でどのように動けばいいのか。1つのヒントを得られそうな企業を取材してきました。

 

今回取り上げたいのは、シリコン製のリストバンドです。発売から3年半でシリーズ累計65万個売れているヒット商品「wemoバンドタイプ」。東京・立川市のコスモテックという企業が開発したウエアラブルメモで、値段は1320円(税込み)です。手書きのメモを油性ボールペンで書いては消してを繰り返すことができるのが商品のポイント。作業中のちょっとした書き取りや、あるいはプレゼンテーション時の覚え書きなどに役立ちます。いっときのメモを手の甲に記す人もいるでしょうが、汗でにじむこともありますよね。そのような場面で、このリストバンドは役に立つのです。

 

大手生活雑貨チェーンの東急ハンズは、発売して間もない段階から「取り扱いたい」と声を掛けてきたそうですし、今までにありそうでなかった商品だけに、メディアでもかなり紹介されたと聞きます。

 

で、このコスモテック、なぜこうした“手ごろな便利グッズ”を商品化したのかという話です。

 

同社はもともと機能性フィルムの開発・販売を主軸にしてきた企業で、消費者向け商品はごくわずかでした。機能性フィルムは液晶ディスプレーに欠かせない素材です。同社のフィルムは、国内大手の名だたる液晶テレビで採用されてきました。そうした経緯もあって、2000年代半ばまで同社の業績はまさに絶好調だったそうです。

 

 

技術を生かし異業種と連携

 

ところが、2000年代後半に起こったリーマン・ショックの余波が家電業界にも影響を及ぼし、テレビ市場が急速に落ち込みました。私も当時のことは記憶していますが、この時期、液晶などの大型テレビはコモディティー化(機能競争が尽きて低価格競争に陥る状況)の一途でもありました。値段がどんどん下落して、大型テレビはもはや憧れの商品ではなくなっていた。その影響もあったのでしょう。

 

「当社の機能性フィルムを取り扱っていた家電メーカーの勢いが消えて、今後どうするべきなのか、決断せざるを得ない状況に直面しました」と代表取締役の高見澤友伸氏は当時のことを振り返ります。

 

高見澤氏は「やるべきは2つの方向」と、まず見定めます。1つ目は海外展開。これまで同様の素材を、どこに売るかを変えるという話ですね。そして2つ目は「これまで培ってきた技術を他の分野に生かせないかの模索」だったと言います。

 

ただし、「中小企業が独力で、新しい分野の商品を作り上げるのは難しいと感じた」(高見澤氏)。そこで同社は、異業種との連携を試みました。「目に付いたものは何でもやりました」と高見澤氏は語ります。後がない状況では、なりふりを構っていられません。私はそれが正しい判断だったと思います。

 

ターニングポイントとなったのは、アニメなどのコンテンツビジネスを展開する企業との連携でした。肌に直接貼るステッカーを作ったと言います。高機能なフィルムを開発していたのに、なぜステッカーなのかと思われるかもしれませんが、それには理由があったそうです。

 

 

 

1 2