TCG Review

サイト内検索

Vol.65 顧客が1人でもいるならば
北村 森

1 / 4ページ

mori_banner
2021年2月号

 

 

フットマーク「Table with」
上はフットマークが2006年に発売した、介護される人のための食事用エプロン。そして右は2018年に発売の「Table with」

 

 

一見違う、“同じ”商品

 

まずは掲載した2つの画像を見比べていただけますか。

 

左側は、介護される人が食事の場面で着けるためのエプロンです。ただのエプロンではなく、下に大きなポケットを備えているのが特徴ですね。食べこぼしを受け止めるためです。でもそれだけじゃない。このエプロン、襟が付いていますね。それはどうしてでしょうか。

 

2006年にこの介護用の食事エプロンを発売したフットマーク(東京・墨田区)の担当者は、「それまでの介護用品は、ややもすればお世話する側の視点で作られた物が多かった。それを、介護されるご本人の気持ちに立つものに変えたかった」と語ります。

 

どういうことか。介護を受けるご本人にすれば、食事する時にエプロンをまとうのは、気分が落ち込みかねないわけです。「昔なら、こうしたエプロンを着けなくても食べこぼしなどしなかったのに」と。だからこそ、気持ちが少しでも晴れるように、襟を付け、明るい雰囲気のエプロンにするよう努めた、と聞きました。

 

では、右の画像はどうでしょうか。

 

首からかけているストールのようなものが、同じフットマークが開発した商品で、その名を「Table with(テーブルウィズ)」といいます。値段は5500円(税込み)です。

 

一体これがどうしたというのでしょうか。いや、このストールっぽい商品も、エプロンと同じ役目を果たすためのものなのです。食べこぼしが服に付いて汚れるのを防ぐという話。

 

こちらは2018年の発売です。洋服でもなじむデザインであるところがポイント。まとっても、ごく自然に見えます。その価値を理解した女性層からの人気は上々で、発売した直後は、たちまち品切れを起こしています。また、東京・東銀座の歌舞伎座のショップでも取り扱いがあり、ここだけで月に30枚はコンスタントに売れているといいます。和服をまとった女性が多く訪れる場所だけありますね。これは、スマッシュヒット商品と表現して間違いないでしょう。

 

 

 

1 2 3 4