TCG Review

サイト内検索

vol.23 周りが見えていないと大惨事に!?

1 / 4ページ

shigeru_banner
2017年8月号
 
なれ合いに慣れることの副作用

 
タナベ経営発行のメールマガジン(FCC マネジメントレター)に、「仲良しクラブの危険性」という記事があり、大いに共感しました。チームワークのメリットを述べる一方で、その副作用について触れています。
 
詳しくは本文をお読みいただくとして、私は勝手にこう解釈しました。

 
「対立を好まず、仲良く明るい雰囲気で仕事をする。これを理想的な環境と感じる人がいる一方で、行き過ぎれば、問題解決どころか、問題の先送り、新たな問題発生の引き金になりかねない」――。
 
その「危険性」について、さらに具体的に、2つのことを説いていきます。
 
1:「仲間内だけで通じる常識を常識と思うな」
 
2:「互いの表面が真っ平らのガラス同士では接着材は十分機能しない。双方の表面がデコボコ、ザラザラしている方が接着材も隙間に入り込めるから、接着力は格段に強まる。これをアンカー効果という。つながり合う同士がスムーズ過ぎないことは大切だ」

 
念のため断っておきますが、これは、その記事を梶原が「妄想で広げた表現」ですからね。ちなみに「アンカー効果」という聞き慣れない言葉は、マーケティングではすっかりお馴染みのようで、Web上にもいくつか解説が載っていました。
 
「物事を判断する際に、情報の断片や一部を必要以上に意識することで、判断を誤りやすくすること」(「ferret マーケティング用語辞典」参照)。長い前書きはここまで。本論はここからです。
 
 
 

1 2 3 4