TCG Review

サイト内検索

vol.1 突然の指名をどう切り抜ける?
梶原しげる

1 / 4ページ

shigeru_banner
2015年10月号
 
 
10 月、秋本番! 紅葉も色付き始めました。結婚披露宴をはじめ、パーティーシーズンの幕開けです。
 
さて私は、アナウンサーという立場上、「司会をしてくれない?」と言われれば、時間が許す限り喜んで引き受けるようにしています。
 
 
司会をすることになれば、事前に当事者と十分な打ち合わせを行います。来賓など出席者の顔ぶれや、新郎新婦との関係性。会全体の流れや構成をしっかりと把握しておけば、当日はリラックスして盛り上げ役に徹することができます。
 
 
ところが「顔だけ出してくれない?」と言われるパーティーは、ちょっと緊張します。かつての苦い経験が思い出されるからです。若くして起業した先輩が経営する会社の、創業10 周年パーティーの悪夢が……。
 


 
気軽に参加したパーティーで大失敗!
 
梶原「先輩! 僕、突然の指名であいさつする、みたいなの苦手ですが、ないですよね?」
 
先輩「なに余計な心配しているの。お前の出番なんか、あるわけないって! 出席者は業界のお歴々や地元選出議員に取引先銀行の偉いさん。それ以外にも、あいさつしてもらわないといけない人だらけさ」
 
梶原「そりゃあ、そうですよねえ(笑)」
 
先輩「お前の知り合いの山ちゃんたちも来るから、顔だけ出して、後は飲んで食べて楽にしてればいいの。二次会の進行程度は頼むかもしれないけど」
 
 
梶原「二次会のビンゴとかなら、任せてください!」
 
 
 
そして当日。すっかりリラックスして飲食を楽しんでいたら、司会者が私の名前を呼んでいるようなのです。

「ご友人の梶原様? 梶原さまあ??……ああいらっしゃいました。ではここで、芸能界の裏話など交えたごあいさつで、ぐっと盛り上げていただきましょう! 梶原様、どうぞ!!(拍手)」

若輩者とはいえ、テレビやラジオで働くプロとして期待されている、という空気に血の気が失せる思いでした。「気の利いたことを言って、笑いを取らなければ……」そう思えば思うほど、足はもつれ、のどは渇き、マイクを持つ手は震えるばかりでした。
 
 
ウケを狙ったしゃべりは、ことごとくすべりまくり、会場は静まり返ります。「痛い奴だなあ……」そんなつぶやきも聞こえてきます。惨めな敗北感にさいなまれ、うなだれて、その場を引き下がるほかありませんでした。
 

1 2 3 4