TCG Review

サイト内検索

特集2:建設業の横断連携
協働・共創が持続可能な未来を導く

1 / 1ページ

2021年2月号

 

建設技能労働者約328万人(2018年)のうち、年齢層別で最多の比率を占めるのは60歳以上(約25%)。今後10年の間に大量離職が見込まれる一方で、29歳以下の若手の比率は約11%と少なく、少子高齢化が進む現状からも大幅な増加は考えにくい。

 

こうした中、地域社会全体の安全・安心を確保するには、「インフラ整備の担い手」たる建設業を中心とした横断的な連携が必須となる。生産性・安全性の向上や工法の革新、現場を支える働き手の雇用・育成といった課題に、産官学や業種といった分野の壁を越えて挑む事例を紹介する。

 

 

 


 

indexbanner

 

 

 

CASE 1

静岡県 ふじのくに i-Construction推進支援協議会
地域の「リアルな今」のデータが「最適な未来」を導く

 

 


 

 

CASE 2

カナツ技建工業
専門技術者が集結し地域の守り手となる

 

 


 

 

CASE 3

ランドログ
新しい風を起こすオープンなIoTプラットフォーム