TCG Review

サイト内検索

各社がものづくりに専念できるホールディング経営
由紀ホールディングス

3 / 4ページ


2021年7月号

 

 

シナジー効果で新製品・技術を生み出す

 

YUKI Methodの最大の特徴は、製品開発と製造技術開発もホールディング会社が担う点だ。新しい製品開発や技術開発についても同社が先頭を切り、バックアップの機能を担っている。

 

大坪氏が由紀精密の立て直しに成功した要因は、開発部門の立ち上げと航空・宇宙分野への参入だった。由紀精密時代に計画したこの成長戦略をグループ各社でも目指すという考え方だ。

 

「もちろん、各社の技術力を把握した上で進めています。すでに当社との連携で、新しい製品や技術が生まれています」(大坪氏)

 

グループ会社の1つである明興双葉は電線・ワイヤーハーネスの製造会社で、0.05mmという髪の毛よりも細い線を連続的に加工できる量産伸線技術に長けている。一方、由紀精密の取締役社長である永松純氏は、かつて「超伝導科学技術賞」を受賞したほどの超伝導領域の分野の専門家。この2つの分野を融合させて生まれたのが「超伝導ワイヤー」の研究開発プロジェクトである。医療機器、船舶・航空機、自動車のモーターなど幅広い分野への供給を狙い、将来的に応用展開されれば、大きな売り上げを生む製品として期待されている。

 

そのほかにも、明興双葉の小ロット・多品種・短納期という企業特長が宇宙衛星向け部品の要求特性と一致していることから、由紀精密の顧客であった宇宙ベンチャー企業に対して営業活動を行い、地上テスト用ハーネスの受注に至っている。

 

グループ化によるシナジー効果だけではない。各社の製品や新技術の開発に対する意欲もより強くなった。例えば、由紀精密ではかねてより開発していた高品質のアナログレコードプレーヤーを発表し、「YUKISEIMITSU AUDIO」ブランドを立ち上げた。オーディオ雑誌の表紙に掲載されるなど、目の肥えたオーディオマニアの垂涎の的となっている。

 

さらに、グループ各社の新たな取り組みは、同社の広報部門がメディアやSNSを通して情報発信。新製品や技術に関する情報が、それを欲する取引先や消費者に届けられ、新たなビジネスチャンスを生む。そんな好循環が生まれている。

 

 

※特定の金属などを低い温度に冷却することで電気抵抗がゼロになる現象

 

 

1 2 3 4