FCC REVIEW.Digital

サイト内検索

各社がものづくりに専念できるホールディング経営
由紀ホールディングス

1 / 4ページ


2021年7月号

 

 

【図表1】グループ企業一覧

出所:由紀ホールディングス
提供資料よりタナベ経営が作成

 

 

グループ会社が持つ優れた技術の消滅を防ぎ、先端産業に応用する由紀ホールディングス。各社の個性を重んじ、開発を重視する「YUKI Method(由紀メソッド)」で、グループ全体の経営基盤を安定させ、技術開発に注力できる環境をつくっている。

 

 

小会社の個性を生かすホールディング経営

 

ルイ・ヴィトン、ディオール、ヘネシーなど、ファッションから香水、宝飾、酒類などさまざまな分野の有名ブランドを抱えるフランスのホールディング会社のLVMH(エルヴェエムアッシュモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)。そんな世界的グループ企業を標榜する日本の中小企業グループがある。精密切削加工、電線・ワイヤーハーネスの製造などを手掛けるものづくり企業12社が参加する由紀ホールディングス(以降、由紀HD)だ。

 

一見すると、ファッション・宝飾分野と工業部品は結び付かない。だが、「目指すべきホールディング経営の在り方がLVMHにある」と、同社代表取締役社長の大坪正人氏は語る。

 

「LVMHは100年の歴史を超える一流ブランドが集まり、各社の個性や伝統を生かしながら生産性の向上や情報発信力を強めることで、グループ全体の競争力を高めてきました。当社もグループ各社が独自の技術を持っており、それらの技術を継続的に発展できるホールディング経営を目指しています」(大坪氏)

 

グループ企業は計12社(【図表1】)。各社が長年にわたって受け継いできた技術を伝承し、発展させるという目的を由紀HDが担っている。

 

大坪氏は2017年に由紀HDを設立し、翌18年には明興双葉など計8社を率いるVTC-MHD(VTCマニュファクチャリング・ホールディングス)の発行済み株式の70%を取得する形で買収。当時VTC-MHDを率いていた是松孝典氏(2021年4月にVTC-MHD代表取締役を退任)から、ものづくりに対して同じ思いを抱く大坪氏にバトンを渡す形で事業を継承した。

 

 

3分以上回り続ける「精密コマ」。もともとは由紀精密の定番ノベルティーグッズだったが人気を呼び、今ではネットショッピングで人気商品となっている

 

 

 

1 2 3 4