FCC REVIEW.Digital

サイト内検索

国内外に600人以上の雇用を創出
サラダボウル

1 / 3ページ


2021年3月号

 

 

国内最大級のグリーンハウスでトマトなどを栽培
農業を通じて人を幸せにし、社会を豊かにして、価値ある地域を創ることを目指すサラダボウルのメンバー

 

 

日本の就農人口が減少する中、国内だけでなく海外でも雇用を生み出している農業法人・サラダボウル。大規模施設栽培のトマトを中心に、年間約30品目を生産する同社が生み出す農業の新しいカタチが、仕事と人材、さらには地域を創り出している。

 

 

人材が集まってくる農業の新しいカタチ

 

近年、スマート農業や6次産業化など、農業を巡る新たなキーワードを耳にする機会が増えている。成長産業として農業への期待が高まる一方、深刻化するのが農業の担い手不足だ。自営農業に従事する基幹的農業従事者は2015年の175万7000人から5年間で40万人近く減り、2020年には136万1000人まで減少(農林水産省「2020年農林業センサス」2020年11月27日)。担い手の高齢化や後継者不在が急速に進む中、今後も人材不足の加速が予測される。

 

新たな担い手をいかに確保・育成するか。これが農業における喫緊の課題となる中、大手企業出身者や有名大学卒の若者が続々と集まる希有な農業法人がある。「農業の新しいカタチを創る」をビジョンに掲げるサラダボウルだ。

 

同社は、代表取締役の田中進氏が2004年に設立。山梨県中央市に立ち上げた農園を皮切りに、国内7カ所と海外(ベトナム)に生産拠点を拡大し、各地でトマトをはじめとする野菜や花卉の栽培を行っている。

 

1圃場3ha(ヘクタール)を超える国内最大級のトマト栽培のほか、キュウリ、ナス、葉菜類などの施設園芸を中心とした農園から生み出された雇用は、グループ全体で600名以上(パート社員含む)。今後は静岡県や福島県、宮城県などに複数の農園の開業を予定しており、数年内に社員数は現在の2倍近くまで増えると見込む。農業の担い手育成の成功事例として、さらには地域に雇用を生み出す希望の星として、同社には多方面から注目が集まっている。

 

人手不足の農家が多い中、なぜ、サラダボウルに多くの人材が集まるのか。そのヒントは、田中氏の「農業を魅力あるカタチにしていきたい」という言葉の中にある。

 

また、農業にマーケティングを取り入れている点も特徴だ。あらかじめ消費者のニーズを把握して生産計画に反映することで、消費する側が欲しい商品を、欲しい時期に提供できる体制を構築。生産者と消費者、2つの視点から生産・流通体制をデザインすることで、需要と供給のズレを極力小さくするトータルフードバリューチェーンをつくり上げた。それが適正価格を維持する商品力につながっている。

 

 

 

1 2 3