TCG Review

サイト内検索

止められない「経済の動脈」をDXでリスクヘッジ
Hacobu(ハコブ)

1 / 3ページ


2020年8月号

 

 

BtoCの宅配サービスのイメージが強い物流産業だが、実は社会インフラとも呼べる頼もしい「縁の下の力持ち」はBtoB物流だ。DX※1の構築で描き始めたデジタル物流の未来とは。

 

 

BtoB物流プラットフォーム
「Sharing Logistics Platform®」

多様なステークホルダーとともに、MOVOや外部アプリとの連携で蓄積したビッグデータを分析・共有・利活用し、社会最適を実現する

 

 

アナログな物流をデジタルイノベーションで「スマート」に

 

「物流の産業軸は横軸です。メーカーや小売業など、縦軸の他産業を下支えする大切なインフラなので、ICT(情報通信技術)で物流にイノベーションを起こすのは人生を懸けるに値することだと考えています」

 

そう語るHacobu創業者・代表取締役社長CEOの佐々木太郎氏が志を抱いたきっかけ。それは経営コンサルタント会社や食品通販会社の起業を経験し、BtoB(企業間)物流の現実を目の当たりにしたことだった。BtoB市場は、大手数社の下に全国約6万社の中堅・中小配送会社が存在し、トラックドライバーや物流倉庫作業者の人手不足、過剰労働による疲弊、非効率な配送などの課題が今よりも山積していた。後に、「ブラック産業」「物流クライシス」と呼ばれ危機感が高まり、現在の「ホワイト物流」への取り組みが国の主導で始まるが、創業した2015年はまだその夜明け前。「電話にファクス、そして気合と根性、勘で仕事が動いている、とてもアナログな世界だった」と佐々木氏は話す。

 

そんな物流現場をDXで変革しようと、「運ぶを最適化する」をミッションに掲げて同社が構築したのが「Sharing Logistics Platform®」だ。クラウドやIoTでデジタルに物流情報をつなぎ、一つのプラットフォーム(以降、PF)上で共有、蓄積、利活用するSaaS※2型のBtoB物流PFである。

 

「発荷主に着荷主、それぞれの物流センターを運営する3PL※3、出入荷するモノを届ける運送会社。サプライチェーンの世界にはさまざまなステークホルダーが連携しています。ただ、運ぶモノや車両、場所などの情報共有がアナログ媒体ではとても非効率。それをデジタルなスマート・ロジスティクスへ変える、これまでにない仕組みです」(佐々木氏)

 

現在、同社はPF上に自社開発アプリケーション「MOVO(ムーボ)」を提供している。必要な時に必要なだけ車両を調達できる配送マッチングサービスを皮切りに、トラックバース(物流施設や倉庫荷卸し場)への入退出を管理する入出荷車両予約受付サービス「MOVO Berth(バース)」、車両位置情報をリアルタイムで可視化する動態管理サービス「MOVO Fleet(フリート)」などを展開。導入拠点数は2715カ所(2020年5月現在)と直近1年間で約5倍に増え、利用顧客にはアスクルやアサヒ飲料、花王など大企業が名を連ねる。

 

最も利用が増えているのは、一部機能で特許を取得したMOVO Berthである。納品も荷受も待機時間のロスをなくして生産性を高め、トラック到着後の受付票記入の手間も電子受付(オンラインチェックイン機能)で不要にできる。また、MOVO Berth内のデータを分析することで、共同配送での効率的な集荷が実現可能でき、物流業界全体の念願だった積載率の向上にもつながることが期待されている。

 

「到着が近づいたらスマートフォンでMOVO Berthのボタンを押せば、納入する物流施設の入退場受け付けを自動的に登録できます。順番待ちで混雑したトラックバースが整流化され、先を争うドライバー間のけんかや待機車両の近隣地域への迷惑問題が解消されました」(佐々木氏)

 

もちろん、物流現場を可視化するための仕組みも、確実に運用できなければ成果は生まれない。同社は顧客の現状や課題を聞き、MOVO Berthの予約申請も発荷主が行う「納品事業者予約型」、荷受先主導の「拠点予約型」、そのハイブリッド型など、仕組みを使いこなす最適なパターンを提案。また、運用する現場からも要望をキャッチし、新たな課題解決サービスの開発に生かしている。

 

「受託開発システムではできないことを、SaaSの提供で実現しています。一つの情報基盤でさまざまなアプリを使うことにより、多様なサプライチェーンの物流データがビッグデータとして蓄積され、世の中全体のサプライチェーンを効率化できるようになります。個社最適から社会最適へ、それが創業時から考え続けてきた『最終的に登りたい山』です」(佐々木氏)

 

 

※1…デジタルトランスフォーメーション:データとデジタル技術を活用し、企業が競争上の優位性を確立すること
※2…Software as a Service:インターネット上で必要な機能を必要なだけサービスとして利用できるソフトウエア
※3…サードパーティー・ロジスティクス:企業の抱える業務の内、物流部門を第三者企業に委託する業務形態

 

 

 

1 2 3