TCG Review

サイト内検索

自社開発でシステムを構築するためのポイント
プラムザ

1 / 5ページ


2021年10月号

 

 

【図表1】プラムザにおけるシステム開発の流れ

出所:プラムザ企業サイトを基にタナベ経営作成

 

 

自社開発でシステムを構築するためのポイント

 

タナベ経営・久保(以降、久保) 月額制アジャイル開発サービスを展開されているプラムザは、多様な業種のDX推進に貢献されており、タナベ経営も経営シミュレーションゲームの開発でサポートいただいております。まずは会社概要をお聞かせください。

 

内藤 1998年にウェブシステム開発会社として創業し、以降、一貫してお客さまのニーズに合わせたシステムをオーダーメードで開発しております。最近は、ご紹介いただいた「アジャイル開発」という手法を使ったサービス「PRIME ORDER」(以降、プライムオーダー)を展開。システム開発を丸ごと請け負うのではなく、お客さまが手掛けるプロジェクトメンバーの一員として参画する形でシステム開発を行っております。

 

久保 従来のシステム開発はアウトソーシングが主流でした。なぜ、社内開発に参画する方法を採られるのでしょうか。

 

内藤 お客さまと一緒にシステムを開発することが、私たちの専門領域を最大に生かせる方法だと考えているからです。プロジェクトメンバーとして参画することで、お客さまの課題やニーズにぴったりと合うシステムを開発できるだけでなく、社内のITエンジニア不足を緩和したり、当社の社員が一緒に開発することでIT人材の育成につながったりします。多面的にお客さまのビジネスのお役に立ちたいという思いが、プライムオーダーを展開する背景として挙げられます。

 

久保 アウトソーシングとの違いやメリット・デメリットを教えてください。

 

内藤 アウトソーシングと社内開発には、それぞれにメリットとデメリットがあります。例えば、アウトソーシングは開発チーム全員がプロフェッショナルですから、ベンダーが品質や納期を保証してくれます。ただ、社外の人が作るので、事業に対する理解や熱意はどうしても社員と比べて劣ります。

 

逆に、自社システムへの熱意や理解の深さは社内開発のメリットになりますし、状況の変化や社員の意見を反映しやすいなど柔軟性が高いのも利点と言えます。ただし、高度な専門知識を持つエンジニアを確保することは容易ではありません。当社のプライムオーダーは、社内開発のメリットを生かしながら、デメリットを解決できるサービスだと考えています。

 

 

 

1 2 3 4 5