TCG Review

サイト内検索

DX戦略をビジョンへ実装する
タナベ経営 代表取締役社長 若松 孝彦

1 / 4ページ

2021年10月号

 

 

DX元年
──コロナショックという「世界同時リセット」のインパクト

 

「この2カ月で2年分に匹敵するほどのデジタルトランスフォーメーション(DX)が起こった」(米マイクロソフトのサティア・ナデラCEO、2020年5月)。DXをリードするGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の一角、米マイクロソフトのトップにそう言わしめるほど、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は極めて大きなインパクトを私たちにもたらした。

 

アップルのiPhoneをきっかけにスマートフォンが普及して人類のコミュニケーションは一変したように、コロナ禍においてもZoomを中心としたDXツールの社会実装が劇的に進んでいる。新しい生活様式やビジネス手法が日常・常識となる「ニューノーマル」時代に突入し、社会課題のプライオリティー(優先順位)が強制的にリセットされたと言えるだろう。

 

“リセット”には、「元の状態に戻す、切り替えるためにもう一度スタート位置に立つ」、あるいは「パソコンなどの機器を操作する時に始めるところまで戻ってスタートし直す」という意味がある。コロナショックによって世界経済が同時リセットされた今、私たちはDX戦略において、世界の企業と同じスタートラインに立っている。

 

 

「2025年の崖」から落ちない経営
──システム戦略投資の決断

 

2021年は「DX元年」と呼ばれている。そして4年後、日本企業は大きな“崖”と直面する。いわゆる「ITシステム2025年の崖」である。

 

新しくデジタル戦略に取り組もうとしても、レガシーシステム(時代遅れのITシステム)によって阻まれ、前に進めなくなる。その場合、2025年以降に最大12兆円/年の経済損失を被ると予測されている。これを「技術的負債」(または「設計上の負債」)と呼び、その臨界点を迎えるのが「2025年の崖」である。

 

古いサーバーシステムを1つでも残していると、Web化やクラウド化が進まず、DXに取り組めない。ITシステムが統合されていないと、ビジネスや経営ができなくなる時代が来るのだ。経営者がDXの必要性を理解していても、レガシーシステムが事業部門ごとに構築されていると全社横断的にデータを活用できない。過剰なカスタマイズによってシステムが複雑化・ブラックボックス化してしまっている企業も多い。

 

皆さんの会社のシステムは、時代遅れになっていないだろうか。2025年までにIT経営システムを「まるごとアップデート」するシステム戦略投資を行う必要がある。

 

 

 

1 2 3 4