TCG Review

サイト内検索

企業変革を実現するための中長期ビジョンロードマップ
森田 裕介

1 / 2ページ


2021年9月号

 

 

【図表1】中長期ビジョン構築のコンサルティングスタイル

出所:タナベ経営作成

 

 

中長期ビジョン構築の4つのスタイル

 

タナベ経営がクライアントと共に中長期ビジョンを構築する際、そのコンサルティングスタイルは大きく4つに分類される(【図表1】)。クライアントの業績や経営課題の優先度、また人材育成状況に応じ、経営者と相談の上、決定することがほとんどである。

 

アフターコロナの環境下では、どの産業もスピードを持った改革が求められるため、直近では「I.チームコンサルティング主体の社内プロジェクト型」「II.社内プロジェクト主体のジュニアボード※型」が多く選ばれている。

 

中長期ビジョン構築に当たっては、タナベ経営とクライアントの双方でプロジェクトチームを組成し、共同で取り組んでいく。タナベ経営のコンサルティングの特徴は、高度な専門性を総合的に発揮するチームコンサルティングにあり、このプロジェクトではそれが遺憾なく発揮される。

 

中長期ビジョン構築の最終アウトプットはロードマップである。タナベ経営主導のコンサルティングの場合、最終的にコンサルティングレポートとして作成。内容は、経営理念から始まり、経営トップのメッセージ、ビジョン・経営計画のサマリー、数値計画、戦略と続く。(【図表2】)

 

ロードマップは会社、また策定メンバーの未来に向けた意思である。ゆえに、まずは全社員への浸透を最優先することが望ましい。その前提で、ロードマップは会社によって複数枚で構成する、1枚にまとめる、冊子にするといった形式を決める。見せ方により社員への伝わり方が変わるため、出来栄えにもこだわりたいところだ。

 

 

※米国で始まった制度であり、若い中堅幹部・社員を青年役員として任命し、彼らに経営全般やビジョンなどについて、役員と同じように課題を討議させ、意思決定された内容を役員会に意見具申する。次世代経営体制の構築に極めて高い効果を発揮する

 

 

【図表2】中長期ビジョンのロードマップ目次

出所:タナベ経営作成

 

 

 

1 2