TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【インタビュー】

100年経営対談

注目企業のトップや有識者と、タナベコンサルティンググループ タナベ経営の社長・若松孝彦が「100年経営」をテーマに対談。未来へ向けた企業の在るべき姿を描きます。
インタビュー2020.07.31

ウィズ/アフターコロナの戦略提言
今こそ、経営者リーダーシップの発揮を
〈日本経済編I〉
国と地域のトランスフォーメーション
タナベ経営 若松 孝彦


2020年8月号

 

 

【図表1】新型コロナウイルス国別累計感染者・死亡者数

※上位15カ国・中国・日本、6月29日時点。中国(香港・マカオ・台湾を除く)の感染者数に無症状感染者は含まれていない
出典:ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター「COVID-19 Dashboard」(2020年6月29日)

 

 

1.日本経済の「2030ビジョン」を再策定せよ
――ニューノーマルな時代こそ変革のチャンス

 

本誌2020年5~7月号「緊急提言Vol.1~3」で、緊急対策としてコロナ禍に対する経営の処方箋を提言してきた。その中で私は、今回の感染症拡大による経済悪化を「休業不況」と定義した。全国一律の緊急事態宣言と、県境を越えることのできない「接触8割減」が、ロックダウン(都市封鎖)に匹敵するような外出自粛という“休業経済”を促した。

 

新型コロナウイルスの感染者数は世界で1000万人を超え、死亡者数は50万人を突破して今も増え続けている(米ジョンズ・ホプキンス大学集計、6月29日時点)。その中で日本は、国民の努力もあり、世界の主要国の中で感染者・死亡者数ともに少ない結果となっている。

 

主要国の累計感染者数および死亡者数(6月29日時点)を見ると、米国は感染者数254万4169人(死亡者数12万5768人)、ブラジルが同131万3667人(同5万7070人)、ロシア63万3563人(9060人)、インド52万8859人(1万6095人)、英国31万2640人(4万3634人)など。一方、日本は1万8366人(972人)にとどまっている(【図表1】)。世界ベースでの人口10万人当たり感染者数は108人、同死亡者数は5.8人。対して日本は約14人と0.7人(【図表2】)である。

 

全国一斉の緊急事態宣言や休業要請まで必要だったのか、その検証は政治家や専門家の手に委ねるしかないが、私たちは「休業不況」の発生によって、次の「三つの現実」と向き合うこととなった。

 

(1)第2波が到来した際に、どのような入り口戦略で挑むのか(再度の休業要請は必要であり、また、それはどの程度まで可能なのか)。

 

(2)第2波の到来までに、私たちが決断し、実行しておくべきことは何か。そして、今回の有事で露呈した社会課題への対策は何か。

 

(3)ワクチン開発が待たれる中、前回(7月号「緊急提言Vol.3」)で示した「ニューノーマル(新常態)な生活」を、受け入れること。

 

さらに、感染および休業被害の大きな諸外国経済の復活は、日本経済の復活より容易ではないだろう。結果、世界各国の経済回復もしばらくの間、内需主導にシフトせざるを得なくなった。

 

その点で言えば、被害が少なかったものの、外需やインバウンド(訪日外国人)消費に依存してきた日本経済にも同様の政策転換が必要になる。2021年7月の東京オリンピック・パラリンピックは、日本経済にとっても世界経済にとっても必要であり、開催できるよう準備を進めるべきである。中止すれば日本経済の復活は一層遠のく。

 

ドイツ政府は6月3日、国内消費を喚起するために消費税を減税すると発表した。7月から12月末までの半年間、日本の消費税に相当する付加価値税を3%減税するという(19%→16%)。また、フランスのマクロン大統領は6月14日のテレビ演説で「新型コロナにより、フランス、そして欧州が、自動車からスマートフォン、医薬品などさまざまな産業で世界のサプライチェーンに依存し過ぎていることが露呈した」と述べ、「唯一の解決策は、より強固な経済モデルを確立し、生産を増やし、他国に依存しないことだ」と述べた(ロイター通信、6月14日付)。

 

「染後のウィズコロナ経済」は、世界的な移動制限やソーシャルディスタンスというニューノーマルの中で回復させなければならない難しさがある。大手アパレルのレナウンは民事再生法の適用を申請。スターバックスは米国とカナダで最大400店を閉店し、テイクアウト型へ切り替えることを決定した。「ZARA」などを展開するスペインのアパレル大手インディテックスは、全体の16%に相当する1200店を閉めると発表した。

 

未来への大前提が大きく変わった今、日本経済に必要なのは、「One Japanの新しいビジョン」だ。未来に向けて日本が一つになるビジョンである。日本国民の外出自粛による大きな成果を無駄にしてはならない。

 

まずは、2021年7月の東京オリンピック・パラリンピック、そして2025年の大阪万博までの中期ビジョン(シナリオ)を描くこと。加えて、2030年を基点としたバックキャスティング(逆算方式)で長期ビジョン(シナリオ)をつくる必要がある。

 

人類は、ピンチの時にこそ明るい未来を描かなければならない。これも「経営者リーダーシップ」なのだ。そのビジョン策定の過程で、前述した「三つの現実」に対する投資戦略が明確になってくる。

 

6月12日、新型コロナウイルス対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算が参院本会議で可決、成立した。事業規模は約234兆円(第1次補正予算分を含む)と過去最大を見込む。「戦略とは資源配分」だ。大切な税金を未来に向けて配分するのか、予算配分が大切となる。官民一体のOne Japanでベクトルを合わせ、新しいビジョン実現に向けて経済対策予算を再配分することが復活への近道である。

 

次にOne Japanの新しいビジョンに取り入れるべき施策を提言したい。

 

 

 

【図表2】日本と世界の人口10万人当たり感染者数・死亡者数

出典:国連人口基金(UNFPA)「世界人口白書2019」、米ジョンズ・ホプキンス大学特設サイト「COVID-19 Dashboard」(2020年6月18日時点)、厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」(2020年6月17日)

 

 

 

1 2 3 4
100年経営対談一覧へインタビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo