TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【インタビュー】

100年経営対談

注目企業のトップや有識者と、タナベコンサルティンググループ タナベ経営の社長・若松孝彦が「100年経営」をテーマに対談。未来へ向けた企業の在るべき姿を描きます。
インタビュー2019.09.30

vol.38 イノベーション戦略と
アトツギベンチャースピリッツが日本経済を救う
神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科
副研究科長・教授
忽那 憲治 氏 × タナベ経営 若松 孝彦

1604_100nenmidashi
2019年10月号

201910_kantou_01

神戸大学の科学技術イノベーション研究科は、グローバルに活躍できるアントレプレナー(企業家)を育成する日本初の文理融合型の独立大学院である。同科の副研究科長を務める忽那憲治氏に、日米経営者の相違点や注目の事業承継スタイル「アトツギベンチャー」の取り組みについて伺った。

四つの先端科学系分野の融合×イノベーション

若松 昨今の産業界では、自社以外の組織と連携して技術やアイデアを取り込み、新たな価値を創出する“オープンイノベーション”が注目されています。また、成長分野の開拓や新たな雇用の担い手として、ベンチャー企業やスタートアップ企業への期待感も高まっています。このような社会ニーズに応えるため、神戸大学は科学技術イノベーション研究科を開設しました。その特色についてお聞かせください。

忽那 科学技術イノベーション研究科は、神戸大学の自然科学系分野と社会科学系分野を有機的に連携させた日本初の“文理融合型の独立大学院”です。教育研究の柱になるのが、バイオプロダクション、先端膜工学、先端IT、先端医療学からなる四つの先端科学系分野と、アントレプレナーシップ(企業家精神)に関連した社会科学系分野。これらを互いに融合させることで、先端科学技術分野における研究開発能力だけでなく、グローバルに活躍できるアントレプレナーシップを備えた理系人材の育成・輩出を目指しています。具体的には、学術的研究成果(科学技術上のブレークスルー)を、経済的・社会的な価値創造につながる新しい製品やサービスのコンセプト(イノベーション・アイデア)に昇華させる機会認識能力や、そのコンセプトを実現させる戦略(イノベーション・ストラテジー)を構築する戦略構築能力を一貫して育成します。

若松 日本の大学院においては、先進的、特徴的、戦略的な取り組みと言えます。どのような人材が在籍しているのですか。

忽那 修士課程の定員は40名で、工学、情報学、農学、理学、医療、薬学などの学部卒業生が集まります。一方、博士課程の定員は10名で、大半はイノベーションに取り組む社員が会社から派遣されたり、ベンチャー企業の創業者がブラッシュアップを目的に通ったりしています。

若松 私たちタナベ経営も、「チームコンサルティングスタイル」を求める中で、“ドメイン(事業領域)×ファンクション(機能)”というコンセプトを提唱しています。科学技術イノベーション研究科の“分野の融合”という考え方に近いと思います。

忽那 「専門家が見慣れた景色には大きな穴があいているかもしれない。そのような状況はイノベーションを妨げるから、その分野の“よそ者”こそがイノベーションのキーマンになる」という説があります。イノベーションのアイデアを創出するためには、異質な分野の組み合わせが重要です。さまざまな分野間のギャップを乗り越え、アイデアを絞り込んでストラテジーに落とし込むための技術戦略、事業戦略、財務戦略、知財戦略を指導しています。

1 2 3 4
100年経営対談一覧へインタビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo