TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【インタビュー】

100年経営対談

注目企業のトップや有識者と、タナベコンサルティンググループ タナベ経営の社長・若松孝彦が「100年経営」をテーマに対談。未来へ向けた企業の在るべき姿を描きます。
インタビュー2019.06.28

vol.36
シリコンバレーのスタートアップ企業と共に日本でイノベーションを起こそう
プラグ・アンド・プレイ ジャパン 代表取締役社長 フィリップ・ヴィンセント 氏 × タナベ経営 若松 孝彦

1604_100nenmidashi
2019年7月号

技術・人材がそろっている
日本企業の可能性は大きい

若松 このたび、私たちタナベ経営もPnP Japanとパートナーシップを結びました。現時点では、日本においてどのような活動をされているのでしょうか。

フィリップ アクセラレーションプログラム事業と投資事業、大手企業を対象とするオープンイノベーション戦略の支援事業をメインに活動しています。グローバルにビジネスを展開していますが、プログラムなどは拠点を置く地域に合わせてアレンジしています。

例えば、日本の場合は、スタートアップに対してワークアップやコーチングを行うだけでなく、パートナー企業に対しても実証実験に至るプロセスやチームづくりのコーチングを実施しています。サポート企業側にコーチングを行うのは日本独自の特長です。

若松 フィリップ代表が日本支社の開設をPnPに提案されたとお聞きしました。スタートアップや日本市場に興味を持たれたきっかけは何ですか。

フィリップ 私は米国生まれの日本育ちです。大学入学を機に米国へ戻りましたが、卒業後は日系商社のシリコンバレー事務所に採用されて、現地のセールスマーケティングに関する新技術を日本の企業に紹介する仕事をしていました。そこでPnPに出入りするようになりましたが、現地のスタートアップと日本企業がうまく連携できないケースが続きました。

こうした状況をどうにか変えたいと思い、PnPに入社。ちょうどIoTのアクセラレーションプログラムを立ち上げるタイミングだったので、IoTのプログラムと、そこからスピンアウトしたモビリティーのプログラムの責任者を務めていました。

若松 私も、日本企業がスタートアップとうまく連携できないように感じます。大企業との連携もよいのですが、私たちのクライアントである中堅オーナー企業は、投資や意思決定の面で有利だと考えます。

フィリップ 連携がまだうまくいっていないのは、構造的な問題の方が大きいように感じています。シリコンバレーのPnPにおいても、私は日本企業とスタートアップの連携を支援していましたが、現地のスタートアップ側から「日本企業は準備ができていない」「日本企業との連携が進まない」といったフィードバックが寄せられることがありました。

日本企業は非常に保守的で、リスクを取ってコミットメントすることをためらいます。また、事業部制をとっているため、全社的なコミットメントを交わすことが難しいといった問題がありました。

若松 早期のビジネス化を目指すスタートアップは、そうした日本企業にあまり魅力を感じないでしょう。ただ日本人としては、この状況は悲しいですね。日本支社の開設を心から歓迎します。

フィリップ ありがとうございます。方法さえ変えれば日本企業には大きな可能性があると感じていたので、PnPに「日本に拠点をつくりたい」と提案しました。もともと日本と米国を橋渡しするような仕事がしたいと思っていたことも、日本進出を目指した理由です。

1 2 3 4
100年経営対談一覧へインタビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo