TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【インタビュー】

100年経営対談

注目企業のトップや有識者と、タナベコンサルティンググループ タナベ経営の社長・若松孝彦が「100年経営」をテーマに対談。未来へ向けた企業の在るべき姿を描きます。
インタビュー2019.06.28

vol.36
シリコンバレーのスタートアップ企業と共に日本でイノベーションを起こそう
プラグ・アンド・プレイ ジャパン 代表取締役社長 フィリップ・ヴィンセント 氏 × タナベ経営 若松 孝彦

1604_100nenmidashi
2019年7月号

201907_kantou_01

スタートアップと大企業をつなぐ、イノベーションプラットフォームを提供するPlug and Play。世界12カ国27拠点を構え(2019年5月末時点)、支援先企業は2000社以上、資金調達総額は70億ドル(約7770億円、1ドル= 111円換算)を超える。イノベーションが起こりにくいといわれる日本企業に必要なものは何か。日本法人の代表を務めるフィリップ・ヴィンセント氏に、スタートアップ企業とのオープンイノベーションを成功させる要諦を伺った。

PayPalやDropboxの誕生も支援した
スタートアップ・エコシステム

若松 2006年に米シリコンバレーで創業したPlug and Play(プラグ・アンド・プレイ、以降PnP) は、革新的な技術やアイデアを持つスタートアップを支援するグローバル・ベンチャーキャピタルであり、世界トップレベルのアクセラレーターです。日本支社の設立は2017年7月。フィリップ代表は当初から運営に関わっておられます。

まずはPnPがどのように設立されたのか、また具体的にどのような支援を行っているのかをお聞かせください。

フィリップ PnPの創業者であるサイード・アミディは、米シリコンバレーでさまざまな事業を立ち上げた事業家です。その一つが不動産業で、スタンフォード大学の近くのビルを購入したことがPnP設立のきっかけになりました。

もともとビルがあったパロアルトという地域には、多くのベンチャーキャピタルが拠点を置いていました。その資金を目的にスタートアップ企業が集まっており、サイードが所有するビルにも、GoogleやLogitech、Danger(Microsoftが買収)といった企業がスタートアップとして入居していました。

若松 いずれも優れたビジネスモデルを持つ企業ですね。そうした企業が集まっているのであれば、投資家は放っておきません。

フィリップ その通りです。有望なスタートアップが集まったことで投資家はますます増え、資金調達を目的にスタートアップがさらに集まってくる善循環が生まれました。この動きに注目した大企業が次々と同じビルに拠点を置くようになると、スタートアップに関わるキープレーヤーが集積するエコシステムが出来上がっていきました。

こうした流れの中、サイードは2006年にPnPを設立。現在、シリコンバレーの拠点には、スタートアップが500社以上入居し、同じビルに大企業や政府機関、大学など100社以上が集まっています。

若松 スタートアップにはスピード感が大事です。同じビルにキープレーヤーが集まるメリットは大きいですね。そうした場所を提供されるだけでなく、PnPは大企業と共にスタートアップの早期ビジネス化を支援するアクセラレーターとしても積極的に活動されています。

フィリップ PnPでは、2013年からスタートアップに対する短期集中型の支援プログラム「アクセラレーションプログラム」を提供しています。スタートアップを15~20社ほど集めてプログラムをつくり、大企業がグループになって支援する仕組みで、実施期間は3カ月。最初にスタートしたBrand and Retail(ブランド・アンド・リテール)をきっかけに世界中へ拠点が拡大し、各拠点でさまざまなプログラムが誕生しています。現在、東京では5テーマ、海外では27拠点で50以上のテーマを回しています。

若松 シリコンバレーを訪れた際、私はこのアクセラレーションプログラムに共感し、日本でも必要になると直観しました。シリコンバレーらしいビジネス支援モデルだと思います。このプログラムに参加するメリットはどこにあるのでしょうか。

フィリップ スタートアップ側は、パートナー企業からアドバイスを受けて事業をブラッシュアップできますし、不足する経営資源やノウハウを短期間で補うことができます。

一方、パートナー企業は有望なスタートアップと出合うことができ、新規事業やオープンイノベーションにつなげるチャンスになります。

1 2 3 4
100年経営対談一覧へインタビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo