TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【インタビュー】

100年経営対談

注目企業のトップや有識者と、タナベコンサルティンググループ タナベ経営の社長・若松孝彦が「100年経営」をテーマに対談。未来へ向けた企業の在るべき姿を描きます。
インタビュー2018.11.30

vol.31
「よい医療は、よい経営から」をコンセプトに
日本型ヘルスケアビジネスの完成へ挑む
総合メディカル 代表取締役 社長執行役員 坂本 賢治 氏
× タナベ経営 若松 孝彦

1604_100nenmidashi
2018年12月号

社会変化に合わせた医療システムの構築を目指す

若松 50期ビジョンとして、「日本型ヘルスケアビジネスの完成」を掲げていらっしゃいます。複数の医療機関を集めて連携させる「医療モールの開発」はその1つの取り組みとして大変注目されています。

坂本 世の中が変わる中、医療システムも変わっていかないといけません。例えば、医療分野は医師の専門化が急速に進んでおり、町の中で一軒の診療所が開業する時代ではなくなってきています。全人的に患者を診るためには、複数の医療機関が連携して地域医療に貢献する形がふさわしいのではないかと思います。

若松 あらゆる看板を掲げている医師よりも、特定の分野のスペシャリストを選ぶ人が増えていることは確かです。ただ、症状別に専門の医療機関を回るのは大変ですから、患者の立場からしても医療モールはメリットが大きいですね。医療・ヘルスケアは高度の専門化と高度の総合化を具現化するビジネスモデルです。

坂本 特に、高齢化が進むにつれて自力で外来に行けない人が増えることは確実です。在宅患者の診察が課題となりますが、1人の医師が24時間365日対応するのには限界があります。チームで在宅患者を診る仕組みが、ますます必要になってくるはずです。その実現のために、現状の課題を解決するには、医療モールの考え方が最適だと考えています。

若松 あらゆる医療課題を解決してきた知恵が、医療モールのモデルにつながっています。都市部の高齢化も非常に深刻です。医療は生活上欠かせないインフラですから、早急に全国にステーションをつくっていかないといけません。

坂本 医療は社会性につながります。医療が廃れると町も廃れる。逆に医療を継続していくことが地域の活性化につながります。よい医療が、よい社会をつくるのだと考えています。

若松 社会の変化や医療制度の変化を機敏に捉えて、常に時代に合ったヘルスケアビジネスを開発されている。パイオニアスピリッツがあり、それゆえにビジネスのオリジナリティーが高いことが強さの背景にあります。ただ、企業が大きくなるとパイオニア精神を引き継ぐのは難しくなるものです。

坂本 総合メディカルのビジネスの要は「人財」です。特に、医療に携わるお客さまはそれぞれ社会観、人生観をお持ちです。そういった方と話ができる人財であれば、非常によい関係を築くことができ、新たなビジネスのヒントを得ることができます。そうした人財を育てるために教育を大事にしています。例えば次世代のリーダーを育てる「総創塾」は、タナベ経営に協力をいただきながら、すでに10期目を迎えています。人財育成と新規事業開発を目的に1年間のプログラムで実施していますが、異なる部署の社員と一緒に学び、考える研修を通して大局観が養われていきます。

201812_100_03

10期目を迎える「総創塾」。他社の経営者を講師に招いたり、役員へのプレゼンテーションを実施したりと、若手リーダーのユニークな「学びの機会」だ

1 2 3 4 5 6
100年経営対談一覧へインタビュー一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo