TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

「戦略人事」へのアプローチ

多様な働き方を実現しつつ成果を出せるか。コロナ禍をきっかけに、この命題が企業の存続を左右する経営課題となった。未来を創る人材を確保・育成する「戦略人事」とは。
2021.10.29

「学びのブレンド」で技術継承し、未来をつくる人材を育成
JR九州電気システム


2021年11月号

 

 

タナベ経営 九州本部 本部長代理 古田 勝久(左)、JR九州電気システム 代表取締役社長 小林 宰(おさむ)氏(右)

 

 

九州旅客鉄道(JR九州)100%出資のグループ会社として鉄道電気工事や建築・情報通信工事を手掛けるJR九州電気システムは、2020年、人材育成の強化と技術の継承・進化を目指して企業内大学「KDSアカデミー」を開校。タナベ経営の「アカデミーアワード2021」を受賞し、独自の「ブレンドラーニング」へとさらなる進化を続けている。

 

 

鉄道、新幹線、建築設備
社会インフラを支え続ける

 

古田 JR九州電気システム(以降、KDS)は1952年創業で、鉄道電気工事や新幹線建設などの電気・設備工事事業を展開されています。

 

小林 コア事業である鉄道電気工事は、電車を動かす電気の供給、安全運行を支える信号設備などの新設・更新・メンテナンスを行っています。JR九州をはじめ、九州各地の鉄道事業者がお客さまです。

 

新幹線建設工事は九州・北海道・北陸新幹線で実績を重ね、現在は2022年秋の開業に向けて、九州新幹線西九州ルート工事を進めています。また、駅舎や駅ビル、ホテル、マンションなどの建築・情報通信設備工事、太陽光発電や光通信の発電通信事業も手掛けています。

 

古田 小林社長は2018年の社長就任後、真っ先に人材育成の強化に取り組まれました。KDSアカデミーを立ち上げた理由を教えてください。

 

小林 スマートフォン1つあれば何でもできる時代に、未来につながる当社の強みは何だろう、と考えてみました。想像を超える技術革新が起きるデジタル社会も、さまざまなインフラなくして成り立ちません。鉄道など大切な社会インフラを現場でつくり、支える専門的な技術・技能と人材が、当社の強みだと再確認しました。

 

どうすれば、しっかりと事業をつなぎ、成長し続けていけるか――。そう思案していた時に、タナベ経営から、デジタル時代にふさわしい「学びのデジタル化」を提案いただきました。そこから、デジタル動画教材を制作し活用するKDSアカデミー開校への挑戦が始まったのです。

 

 

 

1 2 3 4
「戦略人事」へのアプローチ一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo