TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

プラットフォーム型ホールディングス

事業会社に必要な経営資源を持ち株会社が提供するプラットフォーム型ホールディング経営が増えている。事業を創出し経営者を育む、逆三角形型組織モデルの強さに迫る。
2021.07.01

最新のテクノロジーで食品流通の最適化を目指す
いずみホールディングス


2021年6月号

 

 

【図表1】いずみホールディングスが手掛けるプラットフォーム事業の概要

出所:いずみホールディングス公式サイト(2021年5月現在)よりタナベ経営が作成

 

 

いずみホールディングスを中心に、食品流通のプラットフォームを構築するIZUMI GROUP。2019年には金融サービス領域に参入するなど、ホールディング経営で新たな成長ステージを迎えている。

 

 

積極的なグループ展開で急成長

 

北海道札幌市に本社を置くIZUMI GROUP(いずみグループ)が躍進を続けている。「食品流通のOSを創り、新しいインフラで、世界中に豊かさを届ける」をビジョンに掲げる同グループは、水産卸売事業、畜産卸売事業、農産卸売事業、物流事業、プラットフォーム事業の5事業を展開。全国約600カ所の生産者や産地などから直接仕入れを行い、全国70カ所の卸売市場、約1万店舗を超える飲食店や量販店などに販売している。

 

創業は2004年。外食産業で仕入れ業務などに携わった泉卓真氏(いずみホールディングス代表取締役社長)が、「いずみ」を設立して水産卸売業をスタート。水揚げされたばかりの水産品を大量に仕入れ、市場や量販店へ出荷し、札幌市内の飲食店などに安く販売するビジネスモデルを確立すると、わずか5年で札幌最大の繁華街・すすきのエリアにおいてシェアナンバーワンを獲得した。

 

急成長は続き、2009年には飲食店向けに畜産卸売を行う「T-REX」、2010年には卸売市場向けに水産物を出荷する「魚一」、2011年には飲食店向けに農産卸売を担う「I-FARM」と物流事業の「ASSET RISE」、2012年には「いずみホールディングス」を設立した。

 

2014年に設立した「日本卸売市場」は、インターネット上に仮想の市場を開設したり、「船の上から魚の水揚げ」や「畑の中から野菜の収穫」を生中継したりするなど、当時の食品流通業界では珍しかったコンテンツの構築によるプロモーションや、3000アイテムという豊富なラインアップを展開。加えて、収穫から最短5時間で飲食店などに輸送する圧倒的な納品スピード、事前予約購入といったユニークな仕掛けで支持を集めている。

 

その後も、2018年には量販店向けに農産卸売を行う「道南青果」、2019年には飲食店向けに卸売を担う「テンドック」がM&Aでグループ入りするなど事業領域を拡大し、販売エリアを全国に広げた。

 

そうした中、さらなる飛躍を目指して参入を果たしたのが金融サービス領域だ。2019年に「Oneplat(ワンプラット)」を設立し、企業間決済においてDXを推進する新しい金融ソリューションをリリース。業務コストの削減とキャッシュフローの最大化を図る、新たな金融サービスが幅広い業界から注目を集めている。

 

 

「日本の食文化に一番貢献する企業になる」を経営理念として掲げるIZUMI GROUP。その始まりは水産卸売業だった

 

 

 

1 2 3 4
プラットフォーム型ホールディングス一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo