TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

新価値創造

世の中に提供された価値は、 時代や経営環境・市場の変化によって必ず陳腐化する。 企業の持続的成長には、 新規事業開発や新市場開拓が必須なのだ。 コロナ禍という逆境へしなやかに対応して新たな価値を創造し、 新しい市場を開いた先駆者の「価値の生み出し方」 に迫る。
2021.05.06

水インフラに縛られない生活様式を提案する水道いらずの手洗いスタンド
WOTA


2021年5月号

 

 

 

 

水道のない場所でも、電気コンセントにつなぐだけで、きれいな水で繰り返し手を洗えるポータブル手洗いスタンド「WOSH(ウォッシュ)」。開発したのは、東京大学発スタートアップのWOTAだ。

 

 

入店時の手洗いで感染防止を図る

 

2020年12月19日と20日、銀座通りの歩行者天国や商業施設(銀座伊東屋、GINZA SIX、Ginza Sony Park、東急プラザ銀座、銀座松屋、銀座三越)に20台のスタイリッシュな手洗いスタンドが設置された。買物客が、蛇口とソープディスペンサーの付いた白いドラム缶の前に立ち止まり、手を洗ってから各店内へ入る光景があちらこちらで見られた。

 

「WELCOME WASH GINZA」。銀座通連合会が、コロナ禍においても安心して買い物ができる環境があることをPRしたイベントである。その主役として活躍した白いドラム缶が、水循環型ポータブル手洗い機「WOSH(ウォッシュ)」だ。

 

「電源さえあれば、手軽にどこにでも設置できる『公衆手洗い機』としてWOSHを開発しました。水道管への接続は必要なく、タンク内に収納された20Lの水で、いつでも手を洗うことができます。使用後の水はフィルターなどで再生処理し、一度20Lの水を入れたら500人まで手洗い可能。水の再生循環による節水効果は約98%です」

 

WOSHの特長をそう説明するのは、WOTAの執行役員CCO(Chief Community Officer:最高コミュニティ責任者)、市橋正太郎氏である。設置が簡単で使い勝手の良いWOSHは、新型コロナウイルスの感染リスクに対する不安の影響で客足が遠ざかる商業施設や飲食店などから、有効な対策の1つとして大きな注目を浴びている。

 

 

 

1 2 3 4
新価値創造一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo