TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ライフスタイルカンパニー

約27兆円の市場規模を持つライフスタイルビジネス(アパレル、 ビューティー、 雑貨、 ホーム、 スポーツ・アウトドア)は、いずれもマーケット縮小が予測されている。顧客との共創によって新たな「ライフスタイル価値」を生み出す企業のビジネスモデルに迫る。
2021.04.09

子育ての悩みに寄り添う知育玩具の月額制レンタルサービス
トラーナ


2021年4月号

 

 

顧客に安心・安全を届けるため、玩具の清掃や修理は全て社内で行う

 

 

その年に国内で最も活躍したサブスク企業を表彰する「日本サブスクリプションビジネス大賞」(日本サブスクリプションビジネス振興会主催)。2019年のグランプリに輝いたのが、おもちゃのサブスクを運営するトラーナだ。ビジネスの着目点や強みを探った。

 

 

月額制おもちゃレンタル「トイサブ!」

 

昨日までお気に入りだったおもちゃに、わが子が突然、興味を示さなくなった。数カ月しか使っておらず捨てるのはもったいないが、置いておく収納場所がない――。こうした悩みを解決する、おもちゃのサブスクリプションサービスがある。トラーナが提供する「トイサブ!」だ。

 

料金プランは全国一律、送料込みで月額3674円(税込)。0~6歳児を対象に、子どもの月齢に合わせた知育玩具やおもちゃを隔月で届けるレンタルサービスである。2015年11月のサービス開始直後は苦戦したものの、着実にユーザーを増やし、2021年2月現在で8000ユーザーを超えた。

 

「私は4人の子どもを持つ父親なのですが、子どもが生まれたとき、どんなおもちゃを与えればいいのかが、まったく分かりませんでした。また、キャラクターライセンスのおもちゃが多いことにも違和感がありました。

 

私が選んで買ったおもちゃを子どもが気に入るとは限りません。また、月齢に応じたおもちゃを買っては捨てるという繰り返しは、経済的にもったいないし、資源という観点からは環境に負荷を掛けることになります。そこで思い付いたのが、おもちゃのレンタルというサービスでした」

 

そう語るのはトラーナのCEOで創業者でもある志田典道氏だ。サービスを開始した2015年当時、日本ではサブスクというビジネスモデルはまだあまり認知されていなかったが、志田氏は米国のサブスクモデルを参考に「月額制おもちゃレンタルサービス」を立ち上げた。

 

最初から順調だったわけではない。おもちゃを仕入れるために玩具メーカーや卸売会社を訪ねても、「レンタルでは数が売れない」と取り合ってもらえず、小売店で調達するほかなかったという。だが、2016年以降に「民泊」が知られるようになり、シェアリングエコノミーやサブスクといった概念が日本にも広まるとともに風向きが変わった。また、高品質なおもちゃ作りを続けているものの、少子化により販路に困っている地方の老舗玩具メーカーなどとの提携も増えていった。

 

 

 

1 2 3 4
ライフスタイルカンパニー一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo