TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ライフスタイルカンパニー

約27兆円の市場規模を持つライフスタイルビジネス(アパレル、 ビューティー、 雑貨、 ホーム、 スポーツ・アウトドア)は、いずれもマーケット縮小が予測されている。顧客との共創によって新たな「ライフスタイル価値」を生み出す企業のビジネスモデルに迫る。
2021.04.09

時代や顧客と価値を共創するファッションテック
コックス


2021年4月号

 

 

細菌増殖を99%抑制する「清マスク」から、宝飾業界とコラボレーションした100万円の「ダイヤモンドマスク」「パールマスク」まで。国内メーカーと開発したマスクは一人一人に合う多彩な商品群が魅力

 

 

ニーズの変化を敏感に察知する感性

 

「Mask.comのお客さまには、ikkaやLBCなど当社のブランドを知らない方もいます。大丸など百貨店での販売が始まり、上質で高価な商品を購入する新しいお客さまとの出会いも次々と生まれています」(寺脇氏)

 

コロナ禍において、マスク市場は5000億円規模(2020年見込み、富士経済)へ成長を遂げている。その受け皿となるMask.comは、店舗とECサイトともに好調な販売を持続。イオングループ企業を中心に法人向け卸売需要も高まり、BtoCだけでなくBtoBビジネスも実験的にスタートした。3000枚の仮オーダーから始まったマスクの供給は、すでに数千万枚規模に達している。

 

全国のファッションビルからも数多くの出店オファーが届き、東京・愛知・大阪の3大都市圏、それ以外の地域でも主要なターミナルに出店を計画中だ。さらに、販売機会を失い苦境に立つアーティストに、自社ECサイトを開放。ライフスタイルを彩り豊かにする作品と顧客が出会い、支え合う場を創り出す挑戦も進めている。

 

マスクを皮切りに真価を発揮し始めたファッションテック企業に、時代と顧客が求め続けることは何か。

 

「経営理念にある『お客さまのファッションやライフスタイルを彩る、本質的なゆたかさ』の追求です。イオングループが掲げるHealth&Wellnessもその1つで、健康で元気になり幸福感あふれるアパレル商品・サービスを、いかに創り出せるかにかかっています。お客さまが喜ぶことはどんどんやろうという風土が定着し、さらなるイノベーションと成長が生まれることが本当に楽しみです」(寺脇氏)

 

コックスの社名は、船のかじを取る水先案内人のように、ファッション産業のリーディングカンパニーとなる願いに由来する。いまある世界から飛び出し、顧客や取引先と共感・共創しながら、“ファッション”という名の船に乗り、ライフスタイルの新天地を目指し大海原へと漕ぎ出す。名を実にする旅路に、終わりはない。

 

 

コックス 代表取締役社長 寺脇 栄一氏

 

 

Column

次世代の主役はブランドよりもストーリー

「自社ブランドの可能性を狭く解釈することによって市場機会を逃していないか」。ファッションテック企業であり続けるために、寺脇氏はいつも社員にそう語りかけている。

 

「『アパレルを中心とした小売りビジネスしかしない』と事業領域や顧客のセグメントを決め付けてしまうと、新たな発想が生まれません。お客さまとの出会いも自らの手で遮断してしまうのです」(寺脇氏)

 

リブランドの挑戦は既存顧客が離れるリスクを伴うが、より多くの新規顧客を迎え入れた手応えがある。「成否はもう少し長いスパンで見ないと分からない」と語りつつも、次代の消費の主役となるミレニアル世代やZ世代にもしっかりと照準を定める。

 

「ブランドよりもストーリー。どちらの世代も、物語が購買動機の重要なファクターになります」(寺脇氏)

 

時代のトップランナーとなったMask.comで確信した「ファッションのチカラ」は、DXの革新によってさらに多様なシーンで発揮されていくことだろう。

 

 

PROFILE

  • (株)コックス
  • 所在地:東京都中央区日本橋浜町1-2-1 HF日本橋浜町ビルディング
  • 設立:1973年
  • 代表者:代表取締役社長 寺脇 栄一
  • 売上高:171億3000万円(2020年2月期)
  • 従業員数:1828名(グループ計、2020年2月現在)
1 2 3
ライフスタイルカンパニー一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo