TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

サステナブル農業

離農や高齢化に伴う担い手不足、耕作放棄地の拡大、食料自給率の低下といった問題に直面する日本の農業。作業の効率化・省人化や面積当たりの収穫量アップなどの課題を最先端の技術で支えるアグリテック企業の取り組みに迫る。
2021.03.01

国内外に600人以上の雇用を創出
サラダボウル


2021年3月号

 

 

社会的な要請へ応えることに企業の使命と価値がある

 

収入が不安定で休みが取りにくい農業のイメージとは異なり、サラダボウルは週休2日制や有給休暇制度を整備するほか、月給制や賞与、昇給も制度化するなど、安心して長く働ける環境づくりにも配慮する。

 

「『こうしたら人は育つ』という万能の方法はありません。ただ、育つ確率は体系的な制度によって上げていけると思います。確率を上げるためのアプローチや仕組みをつくることと、成長を支援していくこと。その両方が大切です」(田中氏)

 

現在、開園を発表している農園以外にも、いくつかのプロジェクトが進行中だ。パートナー企業とともに開発するデジタルファーミングの実証試験も進んでおり、大きな成長を予感させる新芽があちこちに生まれ始めている。だが、今後について「数値的な目標は掲げていません。施設数や売上高を目標にすることにあまり意味はないと考えています」と田中氏は話す。

 

「数値的な拡大よりも、社会的な要請に応えられることの方が価値はあると思います。一極集中が進む中、地方に行くほど多くの問題を抱えていますが、地域の社会課題と多面的・密接につながっている農業は、そうした課題を解決する1つの方法になり得ると考えています。それが、当社が各方面からお声掛けいただける理由であり、私たちもそこに使命を感じています。当社が提供する農業が喜ばれたり、頼りにされたりするわけですから、仕事をしていてこれ以上、面白いことはありません」(田中氏)

 

サラダボウルの目標は、あくまで農業を地域の価値ある産業にすること。農業を通して社会課題を解決し、もっと地域を、暮らしを豊かにすることだ。その実現に向けて、サラダボウルは人を育てる真の農業経営者の育成に取り組み続ける。

 

 

サラダボウル 代表取締役 田中 進氏(左)、経営企画室 森 成徳氏(右)

 

 

Column

オンラインプロジェクトで経営理念を明文化

世界中がコロナ禍に見舞われる中、サラダボウルはオンラインプロジェクトを立ち上げた。これまで不文律として浸透していた経営理念を明文化するプロジェクトである。全国各地で働く社員がネット上のワークショップに参加し、ビジョンやバリューの再定義を始めている。

 

人材育成において、いかに経営理念やビジョンを共有し、社員の方向性を合わせるかは土台となる部分だ。今後の社員増加や生産拠点の拡大を見据えて、皆が価値観を共有できるよう、経営理念・ビジョン・バリューの体系化を進めていくという。

 

全社員がグループウエアで発信する毎日の業務日報も、社員同士の交流の場となっている。例えば、業務日報に上がった成功事例を他拠点のメンバーが参考にしたり、新人の仕事の悩みに先輩がアドバイスしたりするなど、技術の水平展開やアイデアの創出・共有、コミュニケーションの場として活性化している。

 

さまざまな分野の良い部分を取り入れるのがサラダボウル流。距離を超えて交流できるデジタルの利点も積極的に取り入れながら、自社の新しいカタチをつくり始めている。

 

 

PROFILE

  • (株)サラダボウル
  • 所在地:山梨県中央市西花輪3684-3
  • 設立:2004年
  • 代表者:代表取締役 田中 進
  • 売上高:12億円(2020年3月期)
  • 従業員数:51名(パート社員含む、2020年3月現在)
1 2 3
サステナブル農業一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo