TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

サステナブル農業

離農や高齢化に伴う担い手不足、耕作放棄地の拡大、食料自給率の低下といった問題に直面する日本の農業。作業の効率化・省人化や面積当たりの収穫量アップなどの課題を最先端の技術で支えるアグリテック企業の取り組みに迫る。
2021.03.01

野菜の自動収穫ロボットで農家を支援
inaho


2021年3月号

 

 

収穫に適しているアスパラガスをAIが判断し、適したものだけをロボットアームで刈り取って搭載されたかごに入れる。
白線でルートをつなげば、ハウスからハウスへの移動も可能だ

 

 

アスパラガス自動収穫ロボットを開発したアグリテックベンチャーのinaho。体への負担が大きい収穫作業を軽減するだけでなく、導入・メンテナンス費無料のRaaS(Robot as a Service)モデルで農家とパートナーシップを結び、二人三脚で「儲かる農業」を目指している。

 

 

体への負担が大きいアスパラ収穫作業を自動化

 

農作物の収穫は過酷な作業だ。時期になると毎日休みなく収穫する必要があり、作業中は足腰に負担がかかる姿勢を取り続けなければならない。

 

農家の高齢化が進む中、こうした課題をAIの力で解決しようと自動収穫ロボットを開発したのが、神奈川県鎌倉市に本社を構えるアグリテックベンチャー、inahoである。ビニールハウスで栽培するアスパラガスの自動収穫ロボットを農家に提供し、収穫作業の軽減に貢献している。

 

「農業×IT」のビジネスを発想したのは2015年ごろだったと、代表取締役CEOの菱木豊氏は振り返る。

 

「AIを使って新規事業ができないかと考えていたとき、米国のブルー・リバー・テクノロジー社がAIを使ってレタスを間引くロボットを開発したと知りました。これは日本の農業にもニーズがあるはずだと考え、鎌倉で農業を営む友人に聞いたところ、畑の雑草取りが大変とのこと。そこで、最初は雑草処理ロボットの開発を想定しました」

 

しかし、その後ヒアリング対象を全国に広げると、「収穫作業が重労働で長時間できない」という悩みを持つ高齢の農家が多いことが分かった。また、耕作面積を増やしたくても、作業の負担が大きいため断念せざるを得ないという事情も知った。自動で作物を収穫するロボットがあれば、多くの農家の経営支援につながる。目標を雑草処理から収穫の自動化に切り替えた。

 

「悩みを聞かせてくれたアスパラガス農家に収穫の仕方を聞くと、腰をかがめながら、収穫用のはさみの上に付いた棒で長さを1本ずつ測り、収穫適期を判断して採るとのこと。負担の大きさを知り、まずはアスパラガスに絞り込んで開発を始めました」(菱木氏)

 

 

※機械学習や画像認識、ロボット技術を組み合わせ、個々のレタスの発育状況を観察して不要な対象にだけ除草剤を投与・塗布するロボット「レタスボット」

 

 

 

1 2 3
サステナブル農業一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo