TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

土木イノベーター

建設後50年以上が経過する道路橋は2033年に6割以上、トンネルは4割以上。「インフラ老朽化」という課題を抱える日本において、新たな技術開発や仕組みの構築で人々の生活と産業を支える「インフラ革新企業」の取り組みと、インフラ・イノベーションの在り方に迫る。
2021.01.29

専門技術者が集結し地域の守り手となる
カナツ技建工業


2021年2月号

 

 

 

 

地域を巻き込み業界全体を底上げ

 

ICTへの取り組みが知られるようになった同社は、業界内で目立つ存在になった。そんな折、国土交通省が2016年に「i-Construction(アイコンストラクション)」の推進を発表。

 

当時の島根の建設業はまだ「ICTって何?」という状況だった。そこで木村氏は「自社だけではなく、業界全体の底上げのために、知識・技術を補い合える特別なチームが必要だ」と考え、プロジェクトチーム結成を呼び掛けた。

 

木村氏の呼び掛けに応じて4社が集まった。システム全体をバックアップするソフトウエアの開発・販売会社である福井コンピュータ、測量機器・計測システム商社の山陽測器(広島県広島市)、総合建設コンサルタントの共立エンジニヤ(島根県松江市)、セクトコンサルタント(広島県広島市)である。

 

初めての試みに不安は大きかったが、木村氏は「やるからには心中する覚悟でやってください。チームで1つの現場を終えた時には、会社の売り上げは今より何倍も上がっているはずです」と発破をかけたという。こうして「i-Con etc(アイコンエトセトラ)隊」は結成された。木村氏はi-Con etc隊発足当時のことを、「確信はありましたが、ハッタリもありました」と笑って振り返る。

 

各専門技術者によるi-Con etc隊は勝負に出る。2016年、工期が11カ月にわたる大掛かりな「多伎・朝山道路小田地区改良第12工事」に取り組んだのである。この工事は、地元企業中心の施工体制で、地元建設業のICT活用技術力向上や地域のICT活用普及に大きく寄与したことから、カナツ技建工業としては2年連続で中国地方整備局長表彰を受けた。さらに、2017年には「i-Construction大賞・国土交通大臣賞」を受賞した。国交省管轄のi-Construction対応工事のうち、最も優れた取り組みを行ったと認められたのである。

 

この受賞で中国地方だけではなく、全国にカナツ技建工業の社名が知れ渡った。受賞後は問い合わせが相次ぎ、i-Con etc隊の参加企業の売り上げは右肩上がりを続けている。

 

「知識と情報を交換し合い、そこで得たスキルを使っておのおの仕事を増やしていく。まさにWin-Winの関係ですよね。こんなに面白いことはないと思います」(木村氏)

 

i-Con etc隊が高評価を受けた理由はそれだけではない。工事の期間中、自治体や企業に向けてのICT勉強会や若手技術者向けの研修を積極的に行い、現場の魅力をPRしたのである。また、他の工事でも地域住民に工事を身近に感じてもらえるよう、見学会や触れ合いイベントを開催。建設機械の試乗やコンクリートの塗り絵、手形づくり、社員手作りの顔出しパネルでの撮影などを企画し、大いににぎわったという。地元の工業高校や大学への出前授業にも木村氏は引っ張りだこだ。

 

さらに「コワモテのおじさんが働いている」という子どもたちの建設業へのイメージを塗り替えるべく、工事現場で測量体験を実施。児童に楽しみながら建設業を知ってもらえるよう、測量で実際に用いる端末を、某アニメで登場人物が使うレーダーのように見立てて、特定された位置に隠されたアイテムを探すといったゲーム性を持たせた。

 

「宝探しゲームのようですが、子どもたちは実際にICT技術を使って測量しているんです。それに気付いてくれたかどうかは分かりませんが、楽しんでくれていました」(木村氏)

 

 

 

1 2 3
土木イノベーター一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo