TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ミッション経営

「道徳経済合一」。近代日本資本主義の父・渋沢栄一の経営哲学は、今なお多くの企業家のポラリス(北極星)として輝き続けている。ミッションを掲げ、より良い社会の実現に取り組む事例から、持続的経営を可能にする組織・風土づくりを学ぶ。
2020.11.30

「ささる」×「あがる」=明日への扉を「ひらく」
MVVを「自社らしい言葉」で明文化して共通言語に
トゥモローゲート


2020年12月号

 

 

MISSION(存在意義)は何か、どんなVISION(方向性)で実現するのか。そのために自分たちが守るべきVALUE(価値観)とは ――。全社員がMVVを「自分事」にし、「世界一変わった会社・社員・ 仕事」を目指して、これまでにない「オモシロイ」を創り出す。

 

 

企画からデザイン、形に仕上げるつくり込みまで、全てを内製化。社員の半数以上をウェブクリエーターやデザイナーが占めるトゥモローゲートの本社は「大人も遊べる秘密基地」だ。オフィスでも「オモシロイ」を実現している

 

 

全社員の判断基準はビジョンを言語化した
「ビジョンマップ」

 

真っ暗な玄関通路を抜けると、漆黒に包まれたレジャーアトラクションのような空間にたどり着く。「ブラックカンパニー」(コラム参照)として知られる、トゥモローゲートの本社オフィスだ。

 

これまでにない「オモシロイ何か」が生まれるきっかけづくりをコンセプトに、リクルーティング支援からブランディング戦略へと事業を拡大してきた同社。ブランディング支援サービスを進めるための第一歩として、MVV(MISSION:存在意義、VISION:方向性、VALUE:価値観)を1枚のシートに落とし込み明文化する「ビジョンマップ」づくりが重要だと、代表取締役で最高経営責任者の西崎康平氏は語る。

 

「ブランディングは見た目のデザインを気にしがち。しかし、それは手段でしかなく、本当に大事なのは『誰に対して、何を約束するか』という中身です。だからまず、実現したい会社像、やっていいことやダメなことを明確にし、理念や行動指針を具現化することからスタートしています」

 

事業拡大のきっかけは、社員が10名に増え、同じことを言っても人によって解釈が変わったことだった。西崎氏の思いをくみ取る人がいる一方で、正反対の意味に受け取る人が生まれるのは、なぜか。考え抜いた末に「明確な基準がないから迷うんだ」と答えを出した。そして、MVVのビジョンマップ(【図表】)を役員と1泊2日の合宿でつくり上げた。さらに全社員参加型の合宿も開催し、MVVの達成につなげるための具体的な行動を社員とともに編み出した。

 

「どんな会社をつくりたいのかを私が示し、そのために必要なことを列挙し、特に大事なことを抽出しました。その作業は特別なことや新しいことではなく、普段から考えてやってきたことです。ただ、共通の言語化ができていなかったので、自分たちらしい言葉で再定義することを重視しました」(西崎氏)

 

ビジョンマップ作成に始まるブランディング支援ソリューションは、社内で実践した取り組みの成功事例をサービスとして提供しているのである。

 

「何事も自分たちが最初のモデルケースだと思っています。何をどうすれば、人がもっとワクワク働けるのか、組織として最も生産性の高い状態になるか。やらされ仕事の作業にならず、MVVが自分事になって、もっとこうしたいと言い出せる環境にしよう、と」(西崎氏)

 

MVVが始動した2017年から売上高と利益率は急伸し、顧客単価も約8倍に向上した。

 

ブランディング支援サービスでは、クライアント企業の経営理念をあらためて具体的な言葉にすることでその企業の価値や魅力を再確認し、何を顧客や世の中に発信するべきかを見極める。また、その手段としてウェブサイトやロゴマーク、オフィスづくりをトータルに提案。人事評価制度など、社内制度の構築まで手掛ける。MVVを実現する行動が正当に評価されない限り、MVVは浸透しないからだ。

 

ありふれた「世のため、人のため」ではなく、「規模やシェア、利益でナンバーワンに」でもない。同社らしい「世界一変わった」をキーワードに定めたVISION(方向性)は、全社員の判断基準となっている。

 

 

 

1 2 3
ミッション経営一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo