TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ミッション経営

「道徳経済合一」。近代日本資本主義の父・渋沢栄一の経営哲学は、今なお多くの企業家のポラリス(北極星)として輝き続けている。ミッションを掲げ、より良い社会の実現に取り組む事例から、持続的経営を可能にする組織・風土づくりを学ぶ。
2020.11.30

ワクワク楽しい「理想の医院」
「アワ クレド」で強固なチームワークをつくる
ヨリタ歯科クリニック


2020年12月号

 

 

社員と1つの船に乗り、一緒に大海原を航海して、理想の姿を探し求める旅 ――。青天の霹靂だった開業直後の苦境を糧に、スタッフ一人一人が主役になって輝き、応援し合う文化が根付く姿を目指してたどり着いた「実践型経営」とは。

 

 

 

 

患者とスタッフから支持される医院に

 

「日本ラグビーの聖地」と呼ばれる東大阪市花園ラグビー場。その近郊に医療の世界で高い知名度を誇る医院がある。ヨリタ歯科クリニックだ。

 

鉄道沿線の駅前立地で、患者が徒歩や自転車で通う地域密着型の歯科医院。ありふれた存在に思えるヨリタ歯科だが、実は口腔ケアの予防歯科に、国内でいち早く注力した先駆者である。

 

「予防をベースに、永久歯へと歯が生え替わる子どもたちや、歯周病の罹患率が急激に高まる40歳代以上の女性をターゲットにしています。とは言え、最初から予防だけに来院される方は少ない。まずは虫歯痛など困り事を解決する治療で満足いただき、さらに私たちの思いに共感した方が持続的に通院され、口コミで評判を広げてくださっています」

 

このように院長の寄田幸司氏は語る。「私たちの思い」とは、ヨリタ歯科が目指す「理想の医院」の姿だ。それは、来院される患者さまに「感動を与え続ける」、来院者・チームメンバー・取引先から「感謝の言葉があふれる」、社員が「ワクワク楽しい」こと。その実現に向けて「スマイル&コミュニケーション」の理念と行動指針「アワ クレド」を掲げた2000年からは、ミッション経営に取り組む歯科医院として注目を集めてきた。

 

その胎動は開業直後の苦い経験にさかのぼる。3名の歯科衛生士が、互いの人間関係を理由に一斉退職したのだ。その後もスタッフが長続きしない時期が続いたため、寄田氏は一念発起して経営本を読みあさり、経営セミナーにも参加した。そこで理念経営やクレドの必要性を実感した時、初めて気付いたことがあるという。

 

「それまでは、ドクターの私が言う通り、手足のように動いてくれるスタッフが『有能』で都合のいい人でした。でもそれでは、ヨリタ歯科で働いて成長できた、楽しく人生が豊かになったとは思えないでしょう。お金のためだけでなく、社員一人一人の夢がかない、強固なチームワークをつくっていくリーダーシップが自分にないことを思い知らされました。本当につらかったですが、あの貴重な経験があったからこそ今があります」(寄田氏)

 

20もの項目から成るアワ クレドは、寄田氏が熟慮を重ねて思いの丈を紡いだものだ。同時に、その実現に向け、当時の日本では数少ない予防歯科に方向転換するビジョンを示した。

 

「クリニックは患者さまにとって『治療のために仕方なく行くけど、できれば避けたい場所』でした。でも、健康であり続けるために通う予防歯科なら、患者さまに支持され、来院が楽しみな場所にできます。

 

いつまでに何を、どうするのか。なぜ、どんな意味があってそうするのか。3つの『理想の医院』でありたい姿を示し、理念とアワ クレドを定めて『これに沿って発言、行動してほしい』と伝えました」(寄田氏)

 

だが、スタッフからは厳しい反応が返ってきた。「現状でも患者数が多く人手が足りないのに、予防歯科に切り替えたら1人の患者さまの来院頻度が増えてさらに忙しくなる」「診療報酬が高い治療から効率の悪い予防にシフトして経営は大丈夫なのか」。ビジョンと行動指針への不満と不安、そして「ワクワク楽しい医院なんて、できるわけがない」と、およそ半数のスタッフが辞めてしまった。

 

再びつらい瞬間を迎えた寄田氏だが、思いがブレることはなかった。

 

「辞めた人の数だけ、思いに共感してくれる人を新たに採用できました。それに、残ってくれたスタッフのためにも『みんなが最高に輝くチームとなるよう絶対にやり抜いてみせる』と自身を奮い立たせました」(寄田氏)

 

 

 

1 2 3
ミッション経営一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo