TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ミッション経営

「道徳経済合一」。近代日本資本主義の父・渋沢栄一の経営哲学は、今なお多くの企業家のポラリス(北極星)として輝き続けている。ミッションを掲げ、より良い社会の実現に取り組む事例から、持続的経営を可能にする組織・風土づくりを学ぶ。
2020.11.18

BtoBのオウンドメディアに求められるものとは?
東海バネ工業


2020年12月号

 

 

2008年からウェブサイト「ばね探訪」を展開する東海バネ工業は取引先に向けモノづくりの現場リポートを発信し続けている。BtoB企業におけるオウンドメディアの役割に迫る。

 

 

ばね探訪

https://tokaibane.com/bane-tanbo/

 

 

自社のビジネスモデルを伝えるメディア

 

消費者や取引先に、広告だけでは伝えきれない自社の商品やサービスの魅力を発信するオウンドメディア。東海バネ工業はいち早くオウンドメディアに着目し、2008年に自社で運営するウェブサイト「ばね探訪」を立ち上げた。

 

一般にオウンドメディアでは「商品開発秘話」や「作り手の横顔」といった形で自社をアピールする企業が多い。ところが、ばね探訪は、自社製品の紹介はごく一部にしかない。これまで、JR東日本、愛知製鋼、三鷹光器など、取引先の事業や製品づくりに対する取り組みを掘り下げ、1社当たり1〜3話、時には4話まで続く連載形式で発信してきた。例えば、JR東日本の現場リポートでは、観光列車として活躍するSL(蒸気機関車)を安全かつ美しく保つなど、車両の維持管理に打ち込む、現場で働く人々の熱い思いを中心につづっており、読み応えがある。このように、他社のオウンドメディアとは一味違う情報発信を続けている。

 

「ばね探訪は、自社製品をアピールする場ではなく、私たちのビジネスモデルを知っていただくためのメディアとしてスタートしました。モノづくりに対する姿勢が当社と近いお客さまを取材し、仕事に対する考え方や社員の方の思いを記事にして紹介しています。当社のばねはお客さまのオーダーに沿って開発や製造をする完全受注生産なので、カタログが存在しません。しかも、ほとんどの商談はウェブサイト経由。ですから、ばねに関する基本知識からビジネスモデルまで、全てウェブサイト上で把握できるように展開する必要がありました」

 

ばね探訪の目的をそう説明するのは、代表取締役の夏目直一氏だ。東海バネ工業の設立は1944年。多くのばね製造会社が大量生産で収益を上げる経営をする中、同社は設立以来の方針である、「多品種微量」を貫いてきた。他社が手を出さない難易度の高いばねづくりに挑戦し、ばねの開発・生産・メンテナンスを通して取引先のモノづくりに貢献してきた歴史を持つ。例えば、宇宙航空研究開発機構(JAXA)も取引先の1つだ。ロケットや人工衛星などにも同社製品は採用され、800℃やマイナス200℃といった過酷な条件下で使用されるばねも生産してきた。

 

つまり、「ばねで困っている顧客の課題に応える」という自社のビジネスモデルを、ばね探訪を通じて情報発信してきたわけだ。その結果、毎年、新規顧客は100社を数え、これまでに取り引きした顧客数は4500社を超える。

 

 

100°C以上、マイナス200°C以下、海水、工業用水など、さまざまな環境に対応できるばねを小ロットで製造する

 

 

 

1 2 3 4
ミッション経営一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo