TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ポストコロナ時代の働き方

テレワークやジョブ型雇用など、働き方や雇用が変化し始めている。ポストコロナの「真の働き方改革」とは何か。企業の持続可能性や人が働くことの意味をあらためて探る。
2020.09.30

攻めの姿勢で「最悪を想定し最善を尽くす」
仕事場も家庭も「最高の居場所」に
クラッソーネ


2020年10月号

 

 

何よりもクルー(社員)と家族の安全・安心を守る――。
新型コロナウイルスがどれだけ恐ろしいのか、誰にも分からない段階からいち早く準備を進め、スムーズに「リモート化」へ移行できた理由とは。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大前の「Good&New」の様子

 

 

Zoomを利用したオンライン版「Good&New」の様子

 

 

的確でスピーディーな意思決定

 

透明度の高い海、恵みをもたらす雨、緑の山々、そして縄文杉。豊かな自然に囲まれた地において「暮らしと仕事」を実現したのが、クラッソーネ代表取締役の川口哲平氏だ。屋久島にオフィスを開設して2年がたった。マネジメントは本社(名古屋オフィス)にいる幹部とのリモートワークが中心である。

 

クラッソーネは住宅建築の解体・外構工事の一括見積もりウェブサービスで、施主と工事会社のマッチングビジネスを展開。設立から10年目となる2020年、AI搭載の新アプリ『くらそうね』をリリースした。施主は最大10社の見積もり予想額と口コミが瞬時に分かる上、工事会社に直接見積もりを依頼できる。また、工事会社に対しては業務支援の機能を持ち、好評を博す。提供を開始した4月から、同社は利便性と生産性の向上に寄与するプラットフォーマーへと成長を遂げている。

 

「工事会社の情報が少なく自分で選べない施主さま。腕は良いのに、エンドユーザーとつながるすべがなく下請け工事に甘んじる工事会社。情報の非対称性から生じるミスマッチ、その不安と不満を解消できる事業には社会的な価値がある。大手住宅メーカーの営業時代に、そう気付いて起業しました」(川口氏)

 

空き家や中古リフォームが増加し、ストック時代を迎えた住宅市場のITベンチャーにとって、新型コロナ禍は想定外の出来事だった。だが、3月26日に東京、4月6日には名古屋オフィスと屋久島の順に、いち早く全オフィスでリモートワークに切り替えた。スピード感のあるその意思決定に、川口氏は直接携わっていない。平時からさまざまな権限委譲を進め、総務部長と人事広報部部長、担当役員のCOO(最高執行責任者)とCFO(最高財務責任者)の4名で、感染リスクや感染拡大の状況を見極めながら判断し、実行フェーズへ移行した。

 

「現場と実情をよく知り、意思決定する能力や判断基準を持つ人に権限委譲する方が、的確かつスピーディーに対応できます。私よりも良い意思決定をしてくれるという期待値も大きいです」(川口氏)

 

川口氏が幹部やクルー(社員の呼称)に「任せる」上で欠かせないのが「背景の擦り合わせ」。背景とは、企業理念や経営指針に当たるMVV(Mission・Vision・Value)のことだ。Missionの「豊かな暮らしで人々を笑顔に」は最終目標となる姿。それを体現していくプロセスの世界観がVisionの「誰もが利用する家づくりのインフラを作る」。そこにひも付く大切な価値観がValueだ。その共有を重視し、絶えず「MVVに照らして、いまのわが社はどうか?何が大事か?」を発信し続けている。

 

「ValueはBiggest Data(最大のデータは最良を導く)、Inspire Customers(満足ではなく感動)、Go Boldly(大胆にやろう)の三つ。幹部もクルーも、普段から『それって、Go Boldlyかな?』と互いに確かめ合うことで、思い切った意思決定がしやすいし、その決定を私が『おかしい』と感じることもありません。リモートワークへのスムーズな切り替えも、まさにその通りでしたね」(川口氏)

 

 

 

 

 

1 2 3
ポストコロナ時代の働き方一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo