TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

インナーブランディング

自社の経営理念や商品価値を社内に浸透させ、従業員満足度を高めるインナーブランディングの重要性が高まっている。社員が自社のミッションを「自分事化」し、企業の「ありたい姿」に向かって力を発揮している事例から、社員の本気を引き出す仕組みをひもとく。
2020.08.19

下請けから工場を持ったデザイナー集団へ
本多プラス


2020年9月号

 

 

独自のブロー成形技術とデザインを融合し、脇役だったプラスチック容器の可能性を広げた本多プラス。強さの秘密は、一貫生産体制に裏打ちされた企画提案力にあった。

 

 

ガラスのような質感の薄型プラスチック容器。本多プラスの高い技術力と革新的なデザイン力を表す“名刺”だ

 

 

重厚感ある肉厚のPET容器「ORCシリーズ」。ガラス瓶をイメージした形状で、オーガニック化粧品やヘアケア用品の容器として使われている

 

 

デザインで新たなビジネスモデルを確立

 

豊かな自然と歴史遺産に恵まれた愛知県新城市。愛知県東部に位置するのどかな町に本社を構える本多プラスは、「一代一事業」をテーマに、3代にわたって新たな領域へと事業を広げてきた。

 

ブロー成形の一種であるダイレクトブロー成形を筆頭に独自技術が高く評価を受ける一方、パッケージデザインの分野でも、いまやクリエーター企業として広く名前が知られる存在となった。デザイン経営の成功例としてメディアに取り上げられることも少なくないが、代表取締役社長の本多孝充氏は「デザインは一つの手段」と言い切る。

 

「当社の目標は、お客さまに『本多プラスの容器に入れたら売れる』と言ってもらうこと。それが最大のミッションです。そこに到達する手段がデザインでした」(本多氏)

 

この言葉の通り、最も重視するのは「売れるパッケージであること」(本多氏)だ。同社にとってデザインとは、単にパッケージの形や絵を描くことではない。自ら顧客のもとに足を運んでニーズを聞き、商品が売れるまでの道筋を描くこと——。デザインをそう定義する。

 

例えば、企画提案・製造協力した「味の素®」の携帯ストラップは、その代表的なデザインの一つである。小さな味の素のボトルをそのまま携帯ストラップにしたユーモアあふれるデザインは、日本パッケージデザイン協会が開催する「日本パッケージデザイン大賞2011」において金賞を受賞。専門家から高い評価を得ただけでなく、同パッケージを含むキャンペーン効果で販売数が飛躍的に伸びたという。

 

そうしたデザイン力を、同社はどのように培っているのか? 秘密を解き明かすヒントは、同社の「ブローラボ」に隠されている。同ラボはブロー成形品や素材の開発から金型製作までを一貫して手掛ける戦略拠点であり、現在のビジネスモデルを陰で支える要とも言える存在だ。

 

「デザインより先に私が着手したのは、金型の内製化です。当時は『金型は職人技』といわれており、東京や大阪の金型職人に依頼するのが当たり前でした。しかし、将来的にあらゆる容器をデザインするには金型の内製が必須と考え、2001年にブローラボの前身となる拠点を設立しました」(本多氏)

 

外注すると納品までに1カ月を要していた金型が、内製化によって3日から1週間で製作可能になった。そのメリットは、コストダウンや納期短縮にとどまらず、スピード感のある営業や的確な企画提案力にまで及んでいる。

 

例えば、前述した味の素ストラップでは、パッケージデザイン案を紙の企画書で提案した後、さりげなくポケットからサンプルを出すといったサプライズを演出。「お客さまはとてもびっくりされましたが、すぐに『これは良い !』とその場で採用が決まりました」(本多氏)。同社の優れた企画やデザインが評価されたことは言うまでもないが、期待を超えるスピード感や演出が顧客に響いたことは確かだろう。

 

 

※プラスチック加工法の一種。ペットボトルやポリタンクなど中空の製品を作るのに用いられる

 

 

 

1 2 3
インナーブランディング一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo