TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

企業参謀

経営者の右腕として自社の経営状態を把握し、財務の専門知識を駆使して経営戦略の意思決定を支援する最高財務責任者(CFO=Chief Financial Officer)。業績回復と企業価値向上の財務機能を担う「戦略CFO」 の機能と役割とは。
2020.05.29

会計ソフトとクレカ連携で精算を劇的に減らす
freee(フリー)


2020年6月号

 

 

 

 

クラウド会計ソフトで業界シェアトップのfreee(フリー)。会計業務の省力化を進める一方、ユーザー向けに事業用クレジットカードを発行することで法人のキャッシュレス化を促進し、企業経営のサポートを強化している。サービス導入のメリットについて話を聞いた。

 

 

「クラウド会計ソフトfreee」で経理業務を削減

 

クラウドシステムを通じて法人・個人向け会計ソフトや人事労務ソフトなどを提供し、2012年の設立以来、急成長を続けているのが、東京・五反田に本社を置くfreee(フリー)である。社名の由来は、小規模な法人や個人事業主など、スモールビジネスに携わるユーザーを業務の負担から「解放する(free)」という意味合いを持つ。また、会計業務を高速化させる事業内容の象徴として、シンボルマークには「世界一速く飛ぶ鳥」として知られるツバメを採用している。

 

「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」の実現を目指す同社。スモールビジネスの担い手を主なターゲットに、本業の負担となる会計業務や人事労務などの簡略化を可能にするサービスを提供し続けている。

 

ミッションを果たすための同社の価値基準の一つは、「本質的(マジ)で価値ある」。これは、「ユーザーにとって本質的に価値がある」と自信を持って言えるサービスを提供するという意味だ。せっかく起業しても、売り上げや経費などを管理する経理業務に時間を取られ、開発や営業など肝心の業務に集中できない事態に陥っている企業は少なくない。freeeはこうした管理業務の手間を徹底的に排することで、起業家が本業で格好よく活躍できる社会にしたいという思いのもと、サービスの向上に努めている。

 

そんな同社が提供する人気サービス「クラウド会計ソフトfreee」は、自動仕訳などの機能を用いることで、簿記の知識がなくとも、日々の記帳だけで年度の締め、確定申告までを一気通貫で行うことができる。そのため、個人事業者やベンチャー企業、中小企業など、経理業務の効率化、省力化を図りたい事業者から高く評価されている。

 

同ソフトは、経理業務にひも付ける形で見積書や納品書、請求書、領収書の発行を迅速に行える。見積書を発行して商品・サービスを提供した後、見積書のデータを引用するだけで納品書や請求書を発行できる、請求書を発行すると自動的に売り上げに計上されるなど、請求業務一つをとっても大幅に効率化できる。なお、同社が提供するクラウド会計ソフトを利用している事業者数は、2018年4月時点で100万社を突破し、業界シェアは35%(2017年9月時点、BCN調べ)と国内トップである。

 

 

 

1 2 3 4
企業参謀一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo