TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

現場の自動化

これまで機械を使った自動化と言えば、工場の生産ラインが中心だった。しかし、いまや建築現場、医療現場、物流現場など、さまざまな現場・職場で自動化が進められている。人の仕事の質をさらに高めてくれる自動化技術を追う。
2020.04.30

料理やドリンクを作るサービスロボット
キュービット・ロボティクス


2020年5月号

 

 

慢性的な人手不足に苦しむ飲食業界で、料理やドリンクを作るサービスロボットが話題を呼んでいる。人が使っているものをそのまま使いこなす器用さを携え、業界に広く浸透を目指す。

 

 

ロボット店長

POINT①:居酒屋におけるロボット運用の実証を実験
POINT②:キュービット社のロボットに共通するのは、いずれも1本の腕で器用に料理やドリンクを作ること
POINT③:カメラと連動し、顧客を認識。AIを用い適切な発話や動作の対応が行えるため、接客や集客などにも活用できる
POINT④:ロボット店長は顧客に合わせて話し掛けることもでき、その表情がモニターに映し出される

 

 

居酒屋に現れた「一風変わった店長」

 

「いらっしゃいませ」

 

「もう一杯飲んでいきませんか」

 

訪れた客に話し掛け、製氷機から氷を取りカップに入れる。ボトルからリキュール、サーバーからソーダを注ぎ、マドラーで混ぜて客に提供する。こう書くと、バーテンダーの所作のようだが、カウンターの中にいるのは人間ではなくロボット。金属製のアームを器用に伸縮させながら、次々とドリンクを作っていく。

 

これは、養老乃瀧(東京都豊島区)グループが展開する「一軒め酒場」池袋南口店内に開設された「ゼロ軒めロボ酒場」の様子だ。居酒屋におけるロボット運用の実証実験として、外食大手の養老乃瀧とロボティクス・サービス・プロバイダーであるQBIT Robotics(キュービット・ロボティクス)が共同で仕掛けたもので、実証実験を開始した2020年1月23日〜3月19日までの約2カ月間で、1日に平均50杯を売り上げた。予想を超える成功だった。

 

「人手不足の解消はもちろん、このロボットがネットワークにつながり情報処理によって自動でリキュールや水を補充できるようになれば、飲食業界にとって大きな革新になる。可能性は無限に広がっています」

 

QBIT Robotics代表取締役社長兼CEOの中野浩也氏は、そう目を輝かせる。

 

「ロボティクス・サービス・プロバイダー」と名乗る同社は、2018年1月に設立したベンチャー企業。これまで製造現場で使用されていた作業用ロボットにコミュニケーション機能を持たせ、実際に働きながらコミュニケーションも行うロボットに改良して、ビジネスとして成り立つ形を目指している。単なるロボットメーカーやロボットシステムインテグレーターとは異なる事業であるという自負だ。これまでにも、ロボットカフェやパスタロボなど、飲食の現場で働くロボットをリリースしており、サービスロボットの可能性を世に問うてきた。

 

「日本はロボットに強いと言われていますが、それは産業用ロボットの話。市場性はサービスロボットの方がはるかに大きく、この分野で日本は遅れています」と中野氏は日本の立ち遅れを指摘する。

 

中野氏の前職はテーマパーク事業を主に手掛けるハウステンボス(長崎県佐世保市)。情報システム部門の責任者として、ロボットシェフがお好み焼きを作る「変なレストラン」や、ロボットがフロント業務を務める「変なホテル」の立ち上げに携わった。当時からユニークなアイデアは際立っていたが、QBIT Roboticsの社長に就任してからは、サービスロボットの普及にまい進している。

 

同社のロボットに共通するのは、いずれも1本の腕で器用に料理やドリンクを作ること。アームで扱う道具はシェフやバーテンダーが普段から使っているもので、そこが人とロボット協働への第一歩になる。

 

※ ロボットを導入しようとする企業に対し、ロボットの活用を幅広くサポートする事業者

 

 

 

1 2 3
現場の自動化一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo