TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

現場の自動化

これまで機械を使った自動化と言えば、工場の生産ラインが中心だった。しかし、いまや建築現場、医療現場、物流現場など、さまざまな現場・職場で自動化が進められている。人の仕事の質をさらに高めてくれる自動化技術を追う。
2020.04.30

「or」(選択と集中)ではなく
「and」(追加と融合)で生まれる価値
O2グループ(オーツーグループ)


2020年5月号

 

 

2000mm×1350mmの大型加工から3mm×3mmの微細加工まで対応できることがIBUKIの強みだ

 

 

IoTとAIを活用し、倒産の瀬戸際から復活を遂げた山形県の老舗金型メーカーが注目を浴びている。その背景には、「ハード」「ソフト」「サービス」が三位一体となったソリューションで、日本のものづくりの在り方を大きく変えようと奮闘する企業グループの存在があった。

 

 

グループ内の知見を生かし新しいサービスを提供する

 

山形県山形市の小さな町・河北町の金型工場が、大手顔負けのデジタル化で次々とイノベーションを実現して大きな話題を呼んでいる。

 

IoTやAIを導入して射出成形中の「樹脂の流れ」「金型挙動」を計測し、可視化したモニタリングシステムの開発に成功。またAIを活用してベテラン技能者の知見をシステム化し、顧客から寄せられる多様な見積もり依頼に対し若手技術者が見積もりを作成できるようにした。そんな従来の常識を覆す取り組みで注目されているのが、射出成形用金型メーカーの「IBUKI(イブキ)」だ。

 

同社の前身は1933年創業の安田製作所。独自の加飾技術を持つ、金型業界の老舗企業として広く知られていたが、業績不振から2012年に本社を東京から山形に移転。だが、その後も業績が回復せず、倒産寸前まで追い込まれた2014年に大きな転機を迎えた。製造業向けコンサルティングを展開するO2が買収し、他の金型メーカーとは一線を画す取り組みを次々打ち出すようになったのだ。

 

「世界の潮流は、ものづくり企業のサービス化とサービス企業のものづくり化が進んでいます。例えば、アップル社はもともとメーカーですが、iPod(アイポッド)を発売した時、音楽を自由にダウンロードできる仕組み(iTunes:アイチューンズ)を提供し、いつでもどこでも好きな音楽が聴ける価値を提供した。要は、ハードもソフトも組み込んだ新サービスを提供した。これによって従来のビジネスモデルの枠組みは大きく変化したと私は考えています。継続的な事業展開を目指すのであれば、『or(または)』という選択の発想ではなく、『and(そして)』という付加の志向が重要です。日本企業の大部分が『or』という選択と集中を選ぶ中、IBUKIは金型というハードの提供だけでなく、ソフトの開発や新しいサービスを加えることで新しい価値を創出する企業として、進むべき方向性を定めました」

 

そう説明するのは、O2代表取締役CEOでIBUKI代表も兼務する松本晋一氏。同氏は、自身がけん引するO2グループ内で「and」の考え方を実証している。独自のモニタリングシステムや自動見積もり作成システムも、IBUKIが持つ長年にわたるものづくりのノウハウと、同じグループ会社の「LIGHTz(ライツ)」(茨城県つくば市)が持つAIによるソリューション技術、そしてO2による製造業特化型コンサルティングが融合して生まれたものだ。

 

 

※金型表面に微細な模様を施して成形品に独特の風合いを与える加工技術。成形後の二次加工を省略できる

 

 

1 2 3 4
現場の自動化一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo