TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

現場の自動化

これまで機械を使った自動化と言えば、工場の生産ラインが中心だった。しかし、いまや建築現場、医療現場、物流現場など、さまざまな現場・職場で自動化が進められている。人の仕事の質をさらに高めてくれる自動化技術を追う。
2020.04.30

見積もりの自動化で
調達にイノベーションを起こす
CADDi(キャディ )


2020年5月号

 

 

必要な情報を入力するだけで、わずか「7秒」で見積もりを算出

 

 

図面データをアップロードして必要項目を入力すると、最短7秒で見積もり結果が返ってくる。受発注者の双方を助ける“サービス”が製造業の「調達」を革新し、注目を浴びている。

 

 

見積もり業務を超スピードアップ

 

日本の製造業を支える町工場にとって、メーカーの発注に対する見積もり作業の負担は重い。手間をかけた揚げ句、受注を逃すこともある。

 

「受注の機会を得るためには仕方ない」と町工場が諦めたこの課題の解決に挑戦している企業がある。2017年に創業し、「モノづくり産業のポテンシャルを開放する」をミッションに掲げるキャディだ。

 

板金加工などの金属加工を専門とする受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」を開発。経済産業省主導の官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に認定、『週刊東洋経済』(2019年8月24日号、東洋経済新報社)の「すごいベンチャー100」にも選出され、2018年12月には総額10億2000万円の資金調達を行うなど、破竹の勢いで製造業界に旋風を巻き起こしている。

 

CADDiは、独自開発の原価計算アルゴリズム(計算手順)にのっとった受発注システム。図面データを基に、品質・納期・価格が最も適合する会社とのマッチングを図る。

 

発注者はまず、CADDiのサービスサイトに図面データをアップロードし、完成品の材質や表面加工方法、溶接の種類といった仕様を指定する。その入力条件をシステムが自動で解析。3D(3次元)CADデータならわずか7秒、2Dの場合でも平均2営業日以内に見積もりが算出される。発注側は低価格で高品質な加工品を安定発注でき、受注側である加工会社は相見積もりによる失注をなくし、安定的に仕事を受けることができる。

 

2020年3月現在、CADDiは板金加工品をメインに取り扱っているが、顧客の需要に応える形で、機械加工をはじめとする他の製品カテゴリーについても対応を進めている。

 

 

 

1 2 3 4
現場の自動化一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo