TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

教え方×学び方改革

「学費ゼロ」「教員不在」「テスト不要」「少人数制大学」。こうした〝あり得ない学校〞やスクールがいま、日本で続々と誕生している。従来の教え方と学び方を大きく変える、最新の〝ガッコウ〞にアプローチする。
2020.03.31

斬新すぎるITエンジニア養成機関
42 Tokyo


2020年4月号

 

 

AI、IoT、5G――社会のデジタル化が加速する中、ITエンジニアの需要が急増している。2020年春、そんな引く手あまたのエンジニアを、従来の常識を覆す方法で育てる画期的な養成機関が開校する。

 

 

 

 

誰もが平等に挑戦できる教育の機会を提供する

 

広々としたフロアに、アップルのパソコン「iMac(アイマック)」311台が並ぶ。それぞれの前には、一心不乱にインターネットで何かを検索している若者や、数人が集まって意見交換をする姿が。

 

ここは東京・六本木のDMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)が本社を構える高層ビルの一室。ただ、同社のオフィスではない。2020年4月以降に開校予定の「42 Tokyo」と呼ばれるITエンジニア養成機関の教室だ。2019年11月に第1期生の募集を始め、2020年1月から入学試験「Piscine(ピシン)」が行われた。

 

「42」はフランス発のITエンジニア養成機関で、同国の実業家が誰でもITを学べる学校が必要との思いから、私財を投じて2013年にパリで開校(42本校)した。その後、2016年に米国のシリコンバレー校が開校し、現在は姉妹校も合わせると世界各地に15校が誕生している。卒業生はGAFAやIBM、ウーバー、Airbnb(エアビーアンドビー)、ルイ・ヴィトンなど各界で活躍中だ。

 

42の特徴は、「誰もが平等に挑戦できる教育の機会の提供」と「実践的で世界に通用する教育システム」が挙げられる。具体的には、学費完全無料、教室は24時間365日開放され、年齢・学歴・経歴・性別に関係なく平等に教育を受けられる。つまり、意欲さえあれば誰でもチャレンジできる権利が与えられる。

 

また、独自に開発したカリキュラムを導入し、授業も教師が学生に教えるという一方向的なものでなく、学生同士が学び合う「ピアラーニング」という方法を用いる。世界でも屈指の学歴社会、かつ移民問題も抱えるフランスでは、42の「学歴不問」と「学費完全無料」が大きな話題を呼んだ。

 

非営利型スクールの42 Tokyoを設立したDMM.comは、なぜ、この事業に参画したのだろうか。

 

「当社会長の亀山敬司が、42の理念である『誰にも平等に挑戦できる』という考え方に賛同したのがきっかけです。DMM.comでも、授業料が一切なく、給料を得ながらベンチャービジネスのノウハウや多様な考え方を知る『DMM アカデミー』という場を提供しています。卒業後は当社に入社しなければならないという制約もありません。そんな取り組みもあって42の理念に賛同して手を挙げたわけです。しかし、誰にでも開かれた学校である以上、ニュートラルな立場であることが望ましいので、一般社団法人を立ち上げて開校しました」

 

そう説明するのは、42 Tokyo事務局長を務める長谷川文二郎氏である。この長谷川氏もDMMアカデミーで学んだ一人だ。卒業してDMM.comに入社。その後、42の存在を知り、理念に共感してパリ本校で学んだ経験を持つ。

 

 

※フランス語で「スイミングプール」を指し、“溺れずに泳ぎきれるか”を試す含意がある

 

 

 

1 2 3 4
教え方×学び方改革一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo