TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

成長M&A

かつてM&Aといえば「乗っ取り」「身売り」など暗いイメージが付きまとったが、いまや多くの企業が持続的成長を図る手段として選択する時代になった。後継者難、本業の競争力低下、早期の新規事業開発など、一筋縄ではいかない経営課題を最短距離で解決したM&A事例をリポートする。
2019.12.27

M&Aによる海外進出を支援
良質な案件を数多く提供
BIZIT


2020年1月号

 

 

手頃な手数料で高い満足度を得る

 

BIZITのプラットフォームは成約よりも幅広いマッチング機会の提供に重きを置いているが、それに加えて同社はさまざまなプロフェッショナルと連携して、M&Aを検討し始めてから実際に海外進出する段階まで、一貫してサポートできる体制も整えているという。

 

では、買い手側がBIZIT M&Aを利用するにはどうすればよいのか。

 

まず、ウェブ上のフォームからアカウントを登録すると、無料で案件情報(事業概要、財務情報、売却希望額など)を閲覧できる。エリアや業種、規模など、複数の検索項目から希望条件を絞り込んで検索するのも可能だ。ただし、この段階では企業名が伏せられているため、自社にマッチしそうな案件を見つけたら有料プランへ加入し、情報開示リクエストを送って、案件の詳細を確認する。売り手とは、メッセージツールを通じて直接コンタクトが取れるので、スピーディーに交渉を進めることができる。

 

月額利用料は10万~15万円ほど。着手金などはなく、成功報酬も2%と一般の仲介会社の半分以下で済む。金融機関のM&A支援を受ける場合の月額リテーナー(報酬料)が100万~200万円。専門コンサルタントに実行支援を依頼した場合の月額フィーの相場が400万~1000万円であることを考えれば、格段に手頃な価格であろう。

 

「高額なフィーを払わなければ検討すらできなかったM&Aを、オンラインで効率化することにより、トータルフィーを下げたこともサービスの特徴。買い手のハードルを低くして、多くの機会を得てもらい、より良い意思決定をしていただくことを志向しています」(武信氏)

 

サービスの立ち上げから間もないにもかかわらず、案件の量や買い手・売り手のユーザー数が劇的に増え、その質も当初と比べて高まってきたという。

 

ユーザーからは「これまでは自社の取引関係のつてを頼ってM&Aの候補先を探してきたが、BIZIT M&Aは自社が本来買いたいと思っている条件の企業を自ら探すことができ、とても重宝している」「証券会社などから持ち込まれるM&A案件は規模が大きく、検討可能期間も短いケースが多いが、BIZIT M&Aは中小型の案件が多く、ダイレクトで交渉可能なところが良い」といった声が寄せられているそうだ。

 

日本において、「中小企業が海外に進出する波」を起こしたいというBIZIT。今後は、日本企業を買いたい外国企業、海外に自社を売りたい日本企業、海外の企業同士の案件でもBIZIT M&Aを活用してもらえたら、と夢は膨らむ。

 

「世界中の人から『M&AといえばBIZIT』と言われるよう、オンラインのマッチングプラットフォームで、アジアナンバーワンになりたいです。そして、ゆくゆくはグローバルナンバーワンを目指します」と武信氏は決意を語る。

 

BIZITの挑戦は、スタートラインから飛び出したばかりだ。

 

 

 

Column

地方創生や国家の存続にも資する社会的意義

人口減少や高齢化など、これからやって来る内需縮小への対応が、日本企業の喫緊の課題だ。企業が成長しようとすると、国内だけではパイの奪い合いになる。成長を求めると、いずれ海外進出を迫られる。

 

「M&Aにより、ビジネスの成長スピードを促進させることは、多くの日本企業にとって絶対に必要なことだと思います。プラットフォームでそういった機会を提供することは、長い目で見て日本の国家としての成長や存続に資するのではないかと思います」(武信氏)

 

BIZITは、そうした社会的意義に価値を置き、強い志をもってビジネスモデルを築き上げている。

 

同社の地方創生への取り組みも注目される。地方銀行と提携し、タッグを組んで地域企業を支援していくというものだ。

 

近年、人口減少による市場縮小が進む地方において海外進出の意欲が高まっており、地方銀行もその支援に力を入れている。ただ、ニーズに合った中小規模の案件を探すのに苦慮しているようだ。そうした地方銀行にとってBIZITのサービスはまさに救世主と言えるだろう。

 

 

 

BIZIT 取締役COO 武信 雅之氏(左) とシニアディレクター 清水 雄大氏(右)

BIZIT取締役COO 武信 雅之氏(左) とシニアディレクター 清水 雄大氏(右)

 

 

PROFILE

  • ㈱BIZIT(ビジット)
  • 所在地 : 東京都港区芝3-1-14芝公園阪神ビル5F
  • 設立 : 2019年
  • 代表者 : 代表取締役CEO 丹野 裕介
  • 従業員数 : 30名(非正規社員を含む、2019年10月現在)
1 2 3
成長M&A一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo