TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

成長M&A

かつてM&Aといえば「乗っ取り」「身売り」など暗いイメージが付きまとったが、いまや多くの企業が持続的成長を図る手段として選択する時代になった。後継者難、本業の競争力低下、早期の新規事業開発など、一筋縄ではいかない経営課題を最短距離で解決したM&A事例をリポートする。
2019.12.27

第一印象を大切に、真摯な姿勢で
M&Aを成功へ
ハヤブサ


2020年1月号

 

 

2019年に創業60周年を迎えたハヤブサは、アウトドア・レジャー分野の“大海原”で持続的成長という釣果を狙う

 

釣りをはじめとするアウトドアスポーツやレジャーの総合メーカーとして、国内外で事業を展開するハヤブサ。
もともとはライバル関係にあった「レイン」を100%出資の子会社とすることで、ビジネスの可能性を広げようとしている。

 

サビキ釣り仕掛けの商品化に初めて成功

 

兵庫県南西部に広がる播州(播磨)地方。この一帯は幕末の頃から地場産業として釣り針作りが盛んだった。「播州針」として知られる釣り針は全国で約9割のシェアを誇り、2010年には地域団体商標に登録されている。

 

ハヤブサは、1959年に播州地方の三木市で、創業者の田尻隼人氏が小売り向けの釣り針の製造を始めたことが原点だ。釣り針業界の中では後発であったものの、田尻氏自身が釣りを趣味としていたことから、「便利で簡単に多くの人に釣りを楽しんでもらいたい」という思いを込め、商品開発に力を注いだ。

 

そこから生まれたのが、釣りに用いる仕掛けの一種であるサビキのベストセラー商品「小アジ専科」シリーズである。発売後、半世紀にわたるロングセラー商品で、サビキ釣りの魅力を全国に広く伝える先駆けとなった。

 

準備に手間がかからない仕掛けを次々と開発することで、ハヤブサは着実に成長していった。1994年にはルアー(疑似餌)フィッシングのブランドを立ち上げたことが、さらなる成長の原動力となっている。

 

加えて、1974年には海外生産(韓国)を開始。早くから海外市場の開拓も行ってきた。近年はフィッシング事業に加えて、スポーツアパレル事業およびペット事業も展開している。

 

商品開発力を強みとするハヤブサは、3代目社長の歯朶由美氏の下で事業拡大に向けた中期経営計画を策定。その一環として、およそ2年前からタナベ経営のセミナーなどを通じてM&Aに関心を持ち、その実現を模索してきた。金融機関やM&A仲介事業者などに譲渡先の紹介を依頼すると、ペット事業関連の候補企業が挙がってきたのに続き、フィッシング事業でもM&A仲介事業者を通じて候補を紹介された。

 

 

 

1 2 3
成長M&A一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo