TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ラーニングカルチャーの創造

常に学ぼうとする文化(ラーニングカルチャー)がある企業は、人材育成の投資効果が高く、好業績を維持しやすい。その文化はどのように形成されるのか、事例からひもとく。
2019.12.16

笑って終わりじゃない「理論」と「実践」のプログラム
人のつながりと信頼を高めるのが「本当の笑い」
ブック・ブリッジ


2019年12月号

201912_02_case2_01

ボケもツッコミも、相手への関心から生まれるもの。そんな「お笑い」のセンスと経験知に学ぶ「コミュニケーションの達人」からのヒントとは ――。

 

プロがプロデュースするコミュニケーション力

 

お笑い研修プログラム 「笑い」の現場で培ってきたノウハウを、日常のコミュニケーションに生かせるよう考えられたプログラム。営業、接客、社内コミュニケーションなど、さまざまなシーンに合わせたカリキュラムが用意されている

お笑い研修プログラム
「笑い」の現場で培ってきたノウハウを、日常のコミュニケーションに生かせるよう考えられたプログラム。営業、接客、社内コミュニケーションなど、さまざまなシーンに合わせたカリキュラムが用意されている

宣伝も売り込みもしないのに、口コミで企業や労働組合、学校、病院へ広まる。受講者が「他の人にもぜひ、参加してほしい」と感じる。それが「お笑い研修プログラム」だ。

「初めてのお客さまからは『お笑いの研修って、何の役に立つの?』とよく聞かれます」。そう語るのは、ブック・ブリッジ代表取締役の橋本昌人氏。放送作家として、吉本興業などの芸能・エンターテインメント企業とともにテレビやラジオのバラエティー番組の制作に携わり、芸人と一緒にネタもつくる。

そんな「笑いのプロフェッショナル」のキャリアとノウハウを生かそうと、作家仲間に声を掛け起業。放送作家事業とともに研修事業を開始し、経営を支える両輪へと成長を遂げた。

期待と心配が交錯しつつも、人材育成の担当者が依頼するのは、なぜか。その理由は「笑いのスキル」が、「コミュニケーションスキル」に磨きをかけると期待するからだ。

研修実績が多いのは小売流通業や金融業など、対人サービス産業だが、衣料・製薬などのメーカー企業でもリピート実績がある。事業価値を高める接客応対だけでなく、部下の叱り方や風通しの良い職場づくりなど、社内コミュニケーション力の向上の他、固定観念を打ち破る発想力を高めたい、とニーズはさまざまである。

もちろん、現役の放送作家や元芸人の講師がプロデュースする「本物力」も人気の秘訣。講義形式で、笑いのセンスと経験を融合した「理論」を学び、体験発表型のワークショップで「実践」する。料金は2時間30万円から。50名以下か以上かで形式は変わるが、大勢でも受講可能である。特に手の込んだ準備を必要とせず、社内の会議室などで実施できる便利さも特徴だ。

研修プログラムは全て、多様なニーズに合わせた一品仕様。「漫才」や多人数向きの「コント」「大喜利」「あいうえお作文」など、メニューは多彩だ。中でも、人気が高いのが「ツッコミュニケーション」セミナーである。

「ツッコミ+コミュニケーション。ベタなネーミングですが、商標登録も取った『オリジナル』です」と橋本氏。笑いといえば、「ボケとツッコミ」だが、研修は目の前にいる人との共通点を探すことから始まる。

「何で?」「それで?」と対話するうちに、相手を喜ばせるために何を意識して話せばよいかが分かるようになる。それが広い意味での「ツッコミ」だ。また「ボケ」も、物の形や人のアクションなど、常識や決まり事を少しだけ違う角度から見ることに挑戦。これまでにない分析や対処が、新たな発想へとつながるようになる。

ワークショップでは、人気テレビ番組「M-1グランプリ」ならぬ「T-1グランプリ」と銘打って、受講者がチーム別でツッコミを発表する。

「『笑いを取れないのではないか』と心配する受講者もいますが、講師がちゃんと、楽しく体験できるようリードするのでご安心を。台本は身近なテーマを題材に、穴埋め式に考えていきます。その方が仕事の現場にも生かしやすいですから」(橋本氏)

人を喜ばせることが「本当の笑い」で、それが人とのつながりや信頼を高めるコミュニケーション力になるということだ。相手を傷つけたりおとしめたり「笑いものにする」のは、その対極にあると言えるだろう。

1 2 3
ラーニングカルチャーの創造一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo