TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

デジタル×プロモーション

プロモーション(販売促進)手法のデジタルシフトが進んでいる。顧客の消費行動にも大きな影響を及ぼすまでになったデジタルプロモーションの最前線に迫る。
2019.09.30

攻め続ける大阪発のロングセラー
パイン流“バズマーケティング”
パイン

201910_slide_t2
2019年10月号

公式キャラクター「パインアメくん」のLINEスタンプ

公式キャラクター「パインアメくん」のLINEスタンプ

 

他社の公式アカウントとつながり
思わぬコラボレーションに発展することも

パインがツイッターを始めて9年。環境は大きく様変わりした。今では企業がツイッターやインスタグラム、フェイスブックといったSNSを活用することは当たり前だ。広報や広告宣伝の専門部署すらなかった同社にも2018年、ついに広報室が誕生。会社の広報活動に協力してマッキーさんも日々ツイッターを更新している。

「始めたころは、『少しでも会社の役に立ったらいいな』くらいの気持ちでした。正直に言うと、ここまで話題になるとは想像もしていませんでした」とマッキーさんは言うが、多くの人が同社のツイッターをフォローしたくなるのには理由がある。

まず、すぐにまねできる工夫として、何より「見て楽しい、面白いつぶやき」である点を押さえていること。例えば、アイコンに使われている同社の公式キャラクター「パインアメくん」は、マッキーさんがツイッターのために描いたもの。季節や記念日などに合わせて描き直しているという。

また、ツイッターは短い文章中心になりがちだが、写真やイラストに加えたり、パインアメを連想させる「◎」を文章や絵文字に盛り込んだりすることで、フォロワーの印象に残るように心掛けている。

次に、つながること。企業によっては、フォロワーからのコメントに返事をしないところもあるが、マッキーさんは時間が許す限り返信する。「ツイッターの良いところは、リアルタイムに反応できたり、お客さまと直接やりとりができたりするところ」。フォロワーとの掛け合いの中で話題が膨らんだり、新しい商品のアイデアが生まれたりすることも珍しくないそうだ。

さらに、マッキーさんが勧めるのは、他社の公式アカウントとつながること。あまり関わりのない企業でも、コメントやフォローをするうちに注目が集まって、思わぬコラボレーションにつながることがある。実際、同社ではニッセンやセガ、シャープといった異業種企業とのコラボイベントやコラボ商品へ発展。それがきっかけとなり、従来とは違う場所で、違う顧客層にパインアメを広く知ってもらう機会ができたという。

「他社とのコラボは話題づくりだけでなく、従来とは違う売り場に『パインアメ』の名前が並ぶところに価値があります。常に新商品が発売されるお菓子は、商品棚の入れ替わりが激しいことが特徴。既存の商品が忘れられないためにも、お客さまの目に触れる機会を少しでも増やしていく努力が大切です」

広告宣伝の専門部署を持たない中小企業でも、ツイッターを使えばお金をかけずに大きな話題を集めることができる。パインは、アイデア次第で“バズる”、つまり、インターネットやSNSで一気に話題が拡散し、注目を集める企業になることを証明した良いお手本と言っていい。

1 2 3 4
デジタル×プロモーション一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo