TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

デジタル×プロモーション

プロモーション(販売促進)手法のデジタルシフトが進んでいる。顧客の消費行動にも大きな影響を及ぼすまでになったデジタルプロモーションの最前線に迫る。
2019.09.30

本物の人間そっくりの架空モデルを生成
データグリッド

201910_slide_t1
2019年10月号

人間そっくりの架空モデルを無限に生成できる「全身モデル生成AI」

人間そっくりの架空モデルを無限に生成できる「全身モデル生成AI」

 

架空モデルの実用化に向け実証実験を重ねる


人間そっくりの架空のモデルを自動で大量に生成できるようになると、何が起こるのか――。既存の技術と組み合わせることで、各種窓口業務やオンライン学習、俳優など、人を主体とするあらゆるビジネスへの活用が想定される。その入り口として、データグリッドが注目しているのがデジタルプロモーションへの活用である。

分かりやすい例が、アパレル企業の広告やインターネット通販のオンラインショップだろう。同社の技術によって、商品を着用した架空モデルを短時間で大量に生成できるようになれば、従来のように実際にモデルに服を着用してもらい、スタジオでカメラマンに撮影してもらう必要はなくなる。

すでに広告企業と実証実験を行っている段階にあり、来年の実用化に向けて開発が進められているという。「通販サイトのモデルが、いつの間にか架空のモデルに置き換わっていた!」という日は、決して遠くないかもしれない。年齢や性別、人種を問わず生成できるため、世界中のデジタルプロモーションにおいて活用される可能性も十分にあるだろう。

しかし岡田氏は、全てが架空モデルに置き換わる未来は想定していないという。

「AIで生成したバーチャルヒューマンの活用先として、モデル産業は特に意識していますし、それに向けてリアルの人間と区別できないクオリティーを目指しています。ただ、それでも全てのモデルが置き換わるとは考えていません。AIがつくるのは外面だけ。内面をつくることはできません。個性やタレント性といった内面の部分がファンから支持されているモデルへの代替は難しいと思います」(岡田氏)

確かに、人気モデルが着用した服が一瞬にして完売するといった現象は珍しくない。そうした影響力を持つモデル(インフルエンサー)をうまく活用しながら、それ以外の部分は架空モデルに置き換えていく。そんな使い分けが効果的なデジタルプロモーションにつながる、と岡田氏は見ている。

1 2 3 4
デジタル×プロモーション一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo