TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

デジタル×プロモーション

プロモーション(販売促進)手法のデジタルシフトが進んでいる。顧客の消費行動にも大きな影響を及ぼすまでになったデジタルプロモーションの最前線に迫る。
2019.09.30

本物の人間そっくりの架空モデルを生成
データグリッド

201910_slide_t1
2019年10月号

「キャラクター生成AI」。多様なキャラクターをゲーム業界に提供している

「キャラクター生成AI」。多様なキャラクターをゲーム業界に提供している

 

先行事例のない挑戦に世界が感嘆

2018年6月、データグリッドはアイドル生成AIを発表した。同時にアニメ風の多様なキャラクターを自動生成する「キャラクター生成AI」(オンラインゲーム会社のアエリアと共同開発)もお披露目し、数々のメディアに取り上げられるなど大きな反響を巻き起こした。

生成したコンテンツの事業化も進んでいる。生成AIがつくったキャラクターをゲーム業界に提供するほか、一般ユーザーがアイドル生成AIで自分好みの架空アイドルを生成できるサービスをスタート(2019年6月)している。

順調に事業を展開しているように見えるが、「アイドル生成AIをつくってみて、まだ不十分な部分があると気付かされました」と岡田氏。問題は、人間の顔だけでは表現力が弱く需要が少ないこと。「より多くの分野で活用していただくには、全身の“バーチャルヒューマン”をつくること。さらに、それを動かすことが必要だと考えました」と話す。

そして約1年をかけて開発したのが、2019年4月に発表した「全身モデル生成AI」だ。体を含めた高解像度(1024×1024ピクセル)の架空モデルを自動で大量につくり出す技術は、世界を見渡しても先行事例がない。それだけに、「米国や欧州、中国など世界中からたくさんの問い合わせが寄せられている」(岡田氏)そうだ。

1 2 3 4
デジタル×プロモーション一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo