TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

デジタル×プロモーション

プロモーション(販売促進)手法のデジタルシフトが進んでいる。顧客の消費行動にも大きな影響を及ぼすまでになったデジタルプロモーションの最前線に迫る。
2019.09.30

本物の人間そっくりの架空モデルを生成
データグリッド

201910_slide_t1
2019年10月号

生成AIを活用した「アイドル生成AI」。世の中に存在しない架空のアイドルを自動で生成することができる

生成AIを活用した「アイドル生成AI」。世の中に存在しない架空のアイドルを自動で生成することができる

 

現実(リアル)の世界にいそうでいないバーチャルヒューマンをつくり出す、AIスタートアップ企業のデータグリッド。同社が手掛ける「クリエイティブAI」に、多くの企業が熱い視線を注いでいる。

 

次世代の主流として注目の生成AI

上記の画像をご覧いただきたい。テレビや雑誌などで見掛けるアイドルグループ――のように見えるが、実は彼女たち、この世界に存在しない。京都市に本社を置くAIスタートアップ企業のデータグリッドが開発した「アイドル生成AI」によって生成された“架空のアイドル”たちなのだ。

同社はAIの中でもGAN(敵対的生成ネットワーク:コラム参照)と呼ばれる最先端の技術を活用することで、本物の人間そっくりの架空アイドルを短時間で大量につくり出すことに成功。次世代の主流になるといわれる生成AIの先進事例として話題を集めた。

ここ数年、さまざまなビジネスの領域でAIの活用が急速に広がっていることは周知の通りだ。業務の自動化や需要予測、品質管理などの分野はもちろん、ユニクロが展開するAIコンシェルジュ「UNIQLOIQ(ユニクロ・アイキュー)」※1や、眼鏡専門店チェーンのジンズが展開中の眼鏡試着サイト「JINSBRAIN(ジンズ・ブレイン)」※2といった挑戦的な試みが、デジタルプロモーションの分野でも広がっている。

ただし、これまでAIが主に活用されてきたのは、「予測」と「認識」という二つの領域だった。それに対し、データグリッドが特化している生成AIとは、創造性を獲得した新技術である。

「生成AIは、簡単に言えば新しいものを創るAIです。世の中にない音楽を作ったり、絵を描いたり、文を作成したりするなど、予測や認識を行うAIとはまったく異なるアウトプットを生み出すことが可能になります」

そう語るのは、同社の代表取締役社長CEOである岡田侑貴氏。京都大学の学生時代から最先端のAI技術を学び、同じ研究室に在籍していた小川恭史氏(現執行役員CTO)と共に2017年に起業した。それ以降、GANを活用した「クリエイティブAI」の研究開発に取り組んできた。

※1 在庫確認やコーディネート提案、トレンド情報提供などを行うアプリのアシスタントサービス
※2 パソコンやスマートフォン上で眼鏡を試着し、似合うかどうかをAIが判定する無料サービス

1 2 3 4
デジタル×プロモーション一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo