TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

幸せのための経営

社員の幸福度と会社の業績は比例する。そもそも、不幸な社員が顧客を幸せにできるはずがない。そこで近年、働く人を幸せにするマネジメントが注目されている。何をすれば、社員は幸せに感じるのか。多様な実例から検証する。
2019.07.31

「従業員エンゲージメント」を高めて組織を変える
ウイリス・タワーズワトソン


2019年8月号

人的資源の重要度が増す中、組織づくりに欠かせない要素として企業の注目を集める「従業員エンゲージメント」。この調査・分析を手掛けるウイリス・タワーズワトソンの市川幹人氏に、注目の理由と効果、高める方法を聞いた。

201908_01_case2_02

エンゲージメントを持続させることができる企業は営業利益率が約3倍

「働き方改革」が叫ばれる昨今、にわかに注目を浴び始めたキーワードがある。「従業員エンゲージメント」。簡単に言えば、従業員が勤務先の会社に対して持つ貢献意欲のことだ。

その従業員エンゲージメントに関する調査・分析を行い、データを活用して企業の業績向上を支援しているのが、ウイリス・タワーズワトソン(WTW)である。WTWは、保険・再保険事業などを展開する英ウイリス社と、人事・組織系コンサルティングファームの米タワーズワトソン社が2016年に経営統合して誕生した。現在、約140カ国に進出し、顧客に包括的なサービスを提供している。

事業の一つは、従業員のモチベーションを高め、組織を活性化させるためのソリューションサービスだ。具体的には、従業員エンゲージメントの実態を把握し、その水準を向上させることで業績アップにつなげる施策づくりをサポートする。

「当社の従業員エンゲージメント調査では、持続可能なエンゲージメントが高い企業は、エンゲージメントが低い企業の約3倍も営業利益率が高いという結果が出ています。しかし、残念ながら日本では、従業員エンゲージメントというコンセプトが、人事関係の業務を担当されている方々以外には、まだ十分に浸透していないのが現状です」

そう語るのは、WTWのディレクター(従業員意識調査領域統括)・市川幹人氏である。同氏は、「『従業員満足度調査』と『従業員エンゲージメント調査』を同義で捉えているケースが多い」と言う。

従業員満足度調査は、上司や同僚、報酬、評価、戦略・施策といったさまざまな側面から、自社で働くことに満足しているかどうかを測定しようとする。これに対し、従業員エンゲージメント調査は、従業員がどれだけ能動的に自社へ働き掛けようとしているかを測定する。そこが大きく異なる。

すなわち、エンゲージメントが高い従業員とは、自社の発展のために自分が何をすべきかを理解し、自社とリーダーに信頼感を持ち、業績向上に貢献したいと自発的に取り組む人を指す。

ただ、従業員エンゲージメントが向上するだけでは、大きな成果は上げられない。大切なのは、それを持続することだと市川氏は言う。

「一時的に従業員エンゲージメントが向上しても、頑張り過ぎて燃え尽きてしまうようなことになっては意味がありません。従業員が中長期的にやる気を維持し、高い成果を上げていくことが大切です。そこで重要になるのが『持続可能なエンゲージメント』です。これは従業員エンゲージメントに『可能な環境』(生産性高く、柔軟に働ける環境)と『活力』(心身ともに健康な状態)という要素が加わったものです」(市川氏)

具体的には、可能な環境とは、「業務を進める上で大きな阻害要因がない」「効率的に仕事を行うためのリソースが十分にある」「チームが効果的に問題に対処できる」といった要素がある職場のこと。また活力とは、「達成感のある仕事に就いている」「仕事に必要な活力を維持できている」「一緒に働く人たちとの人間関係も良好」という状態のことである。

つまり、自社の戦略を理解している貢献意欲の高い従業員が、自分の業務を効率的に行える環境で、心身の健康を維持しながら働けば、業績という結果はついてくるということだ。やる気のない従業員が、効率の悪い仕事しかできないような環境に置かれ、残業やプレッシャーで疲れ果てている状況で良い結果が出せるのかを想像してみれば、感覚的にも納得できるだろう。

1 2 3
幸せのための経営一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo