TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

幸せのための経営

社員の幸福度と会社の業績は比例する。そもそも、不幸な社員が顧客を幸せにできるはずがない。そこで近年、働く人を幸せにするマネジメントが注目されている。何をすれば、社員は幸せに感じるのか。多様な実例から検証する。
2019.07.31

ヤンキー、ひきこもりを集めて創った会社のいま
「幸せになれる」と説き続け仲間増やす
フリースタイル


2019年8月号

「多額の借金を抱え死の淵をのぞき込んだとき、人のために生き直すと決意した」と話すのは、名古屋のソフトウエア開発企業・フリースタイルの創業者、青野豪淑氏。集まってきた「問題児」たちを立ち直らせようと起業、奮闘し続けてきた同氏に、これまでの取り組みや、人を生かし育てる極意を聞いた。

 

借金4000万円
自殺未遂
走馬灯のように蘇った人生

人生の転機は26歳の秋。多額の借金を抱えた青野氏は「死のう」と考えた。死に場所として選んだのは、子どもの頃に住んでいた懐かしい大阪市内の団地。その最上階、14階の手すりを越えてぶら下がった。その間、何秒だったか、何十秒だったか――それまでの人生が鮮やかに蘇り、脳内を駆け抜けた。臨死体験者が語る「走馬灯」のように。

もらった風船を友達にあげて後悔して泣いたこと、なめたかったあめ玉を小さな子にあげたこと……人のためにしたささいなことが思い出された。だが、その記憶の大半は自分の歩いてきた人生が「クズのど真ん中だった」(青野氏)ことばかり。

ぶら下がりながら涙が出てきた。そして青野氏は、生まれ変わったら人のために尽くそうと思った。そのときハッと気が付いた。26歳、成人してわずか6年。今から始めればいいじゃないか。遅いことなんてない!

手はしびれ始めていたが、必死に手すりをよじ登った。

高校卒業後、食肉店を経て、大手住宅会社の営業職に転職した。ノルマは1日50軒を回ること。だが、自らノルマを1日200軒に上げて精力的に営業。たちまち年収2000万円を超えるトップセールスに上り詰めた。

その後、営業職を極めたいとさまざまな業界のセールスなど転々としながら、成長のための自己投資に「オタク的にはまって」いった。100万円もする教材を買ったり、東京で経営者の懇親会をハシゴしたり、東京から成功者を呼んで話を聞いたり、高額セミナーに参加したり。中には投資話が絡むものもあり、次第に「サラ金」「街金」などから無理な借金を繰り返すようになっていった。

「借金しても成長しているんだから、いつでも取り返せる」と思っていたが、借金が雪だるま式に膨らみ、焦って、再び営業に本腰を入れてもさっぱり結果が出なくなった。

「このお客さんにはライバル社のマンションの方が向いていると思ったら、そちらのモデルルームに案内することもありました。しかし、目的がカネになった途端、うまくいかなくなりました。カネが欲しい、だから買わせよう、売り付けよう、になってしまっていたのです」

営業の姿勢が崩れてしまっていたことに当時は気付かなかった。最終的に借金は4000万円に。厳しい取り立てが続き、友人・知人も離れ、絶望の中で団地の14階へと向かったのだった。

1 2 3
幸せのための経営一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo