TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ホールディングカンパニー

事業承継を機に「ホールディングカンパニー」(持ち株会社)を設立し、グループ経営に移行する中堅・中小企業が増加している。持ち株会社は「独占禁止法」の改正で解禁されたが、従来は大手企業を中心に業界再編ツールとして運用されてきた。この古くて新しい「ホールディング経営体制」の導入企業事例を通じ、経営戦略上のメリットを浮き彫りにする。
2019.06.28

グループ企業で人材の最適化を図る
M&Aと長期支援で中小企業に活力を吹き込む
ヨシムラ・フード・ホールディングス


2019年7月号

M&Aで加わった企業の形を維持しながら、グループで人材を最適化し、経営にアドバイスを加えていく。ユニークなホールディング経営が、食品業界に再び息を吹き込もうとしている。

 

グループ各社の強みを生かして弱みを補完

「経営と資本は分かれていた方がいい。私はそう思います」と話すのは、ヨシムラ・フード・ホールディングス代表取締役CEOの吉村元久氏だ。

同社は、傘下に18の企業を擁する純粋持ち株会社である。シンガポールを拠点とする1社を除いて、全てが100%子会社だ。もっとも、同社の経営スタイルは、一般的なホールディング経営とは毛色が異なっている。

ホールディング経営の多くは、成熟期に達した企業が、機動的に経営することを企図して事業部門を子会社化し、それぞれが素早く決断できるようにすることを主目的としている。一方、ヨシムラ・フード・ホールディングスは、出自の異なる多様な食品関連事業会社を買収し、グループとして束ねる。

買収といっても、投資ファンドなどのように、短期的な売買で収益を目指す形とも異なる。長期的視野に立って、経営戦略の立案や実行、経営管理を行うとともに、商品開発、営業、製造、仕入れ物流、品質管理、経営管理など各子会社に不足している機能を、それぞれが融通し合う仕組みを構築し、活性化を進めているのだ。

「ホールディング経営で考えているのは、誰がどうやって、どこに行けば最も高いパフォーマンスを発揮できるかということ。私がああしたい、こうしたいと言うのではなく、グループ18社をどう結び付ければ生き残れるかを考えていく中で、各社が持つ強みを伸ばし、弱みを補い合うプラットフォームを構築してきました。10年かけてどうにか形になってきましたね」(吉村氏)

実際、同社のビジネスモデルは唯一無二であり、実にユニークと言えるだろう。

吉村氏はかつて証券会社に勤務し、資金調達のスペシャリストとして活躍していた。その後に独立し、中小企業の経営層を顧客とする資金調達のコンサルタントとして活動。資金調達が難しい中小企業に対して、自身が出資したり、投資家を紹介して支援するとともに、株主として経営へ意見するというビジネスを続けていた。

そんな中、後継者難を抱えていたある出資先企業が、丸ごと会社を買い取ってほしいと申し出てきたのだ。同様の出来事が短期間のうちに相次ぎ、従来の吉村氏の仕事を受け継ぐ持ち株会社と、事業を行う食品会社によるグループという今の構成が出来上がっていった。

1 2 3
ホールディングカンパニー一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo