TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【特集】

ホールディングカンパニー

事業承継を機に「ホールディングカンパニー」(持ち株会社)を設立し、グループ経営に移行する中堅・中小企業が増加している。持ち株会社は「独占禁止法」の改正で解禁されたが、従来は大手企業を中心に業界再編ツールとして運用されてきた。この古くて新しい「ホールディング経営体制」の導入企業事例を通じ、経営戦略上のメリットを浮き彫りにする。
2019.06.28

伝統領域でイノベーションを起こす
法衣の「サブスクリプション」サービスが
寺院の未来を拓く
鈴木法衣店


2019年7月号

僧侶が着用する法衣の製造販売業は、昔ながらの習わしが残る伝統産業の一つ。新規参入がない閉ざされたニッチ分野で、新しいサービスを提案しようと奔走するアトツギの挑戦の軌跡を追った。

 

鈴木法衣店 鈴木 貴央氏

鈴木法衣店 鈴木 貴央氏

 

法衣の販売からレンタルサービスへ

日本には、一般的な市場と異なる特殊な慣習やルールが存在する、独自のマーケットがある。僧侶が身にまとう袈裟や法衣のマーケットも、その一つに挙げられるだろう。寺との付き合いの長さがものをいう縁故重視の世界で、異業種からの新規参入がほとんどない。同じ仏教とはいえ、天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、曹洞宗など、宗派によって厳然たる棲み分けがある縦割りの市場でもある。

また、販売方法の基本は「訪問販売」。足しげく通うことで人間関係をつくり、信頼を得ることが不可欠だ。定期的に足を運ばないと他業者に乗り換えられることも少なくなく、昔ながらの商慣習(御用聞き)が今なお色濃く残る。

そんな伝統的マーケットに、新しいビジネスモデルである「サブスクリプション」(定額販売・課金制)方式を持ち込もうとしているのが、東京と埼玉に拠点を持つ鈴木法衣店の鈴木貴央氏である。

同社は1918(大正7)年創業と100年の歴史がある。天台宗、真言宗の袈裟・法衣を中心に法衣用小物、数珠、香類など幅広い商品を扱う。天台宗・真言宗の法売店では、東日本エリアで約50%のシェアを占めるリーディングカンパニー的な存在だ。

「この業界では、100年程度の歴史は“後発組”に属します。(他の)老舗はもっと古い時代からなじみの寺院に法衣を販売してきました。それだけ縁故を大切にする業界で、かつてはそれで商売は十分に成り立っていました。ところが最近、お寺のニーズは徐々に変化しているように見えるのに、業界全体のビジネスモデルはなんら変化していません。(そうした現状に)手を打ちたいと考えたのがきっかけでした。それで僧侶の方に会員になっていただき、法衣をレンタルする『サブスクリプション』方式のサービスを考えついたのです」(鈴木氏)

それが、僧侶向け会員制サービス「HouluoY」(ホウルイ:法類)である。会員に登録した僧侶に対して、数種のプランごとにレンタル法衣を提供し、月額料金を徴収するというサービスだ。

この構想は、2019年3月に大阪で開催されたスタートアップと“アトツギベンチャー”によるピッチランイベント「スタ★アトピッチ関西」で発表され、「FCCアトツギベンチャー賞」(タナベ経営)と「野村ホールディングス賞」(野村證券)をダブル受賞した。新しい時代のアトツギビジネスの中で、大きな可能性を秘めたサービスとして注目を浴びている。

1 2 3
ホールディングカンパニー一覧へ特集一覧へ特集一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo