TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【イベントリポート】

FCC FORUM 2021

タナベ経営主催「ファーストコールカンパニーフォーラム2021~DX価値を実装する~」(2021年6~8月、オンデマンド開催)の講演録。デジタルを軸に、サービスやビジネスモデル、業務プロセス、組織風土を変革し、競争優位性を発揮する要諦を提言します。
イベントリポート2021.10.01

科学的な人事戦略・タレントマネジメントを実現
プラスアルファ・コンサルティング


2021年10月号

 

 

DX推進プロジェクトを2015年に開始

 

タナベ経営・北島(以降、北島) 科学的人事や成長のための人事戦略の推進方法、また、タレントパレットの事例紹介をしていただきながら、企業におけるDX導入のポイントをお伺いしたいと思います。

 

鈴村 当社はビッグデータを見える化し、企業での活用支援を行っております。ビッグデータの活用はマーケティングの領域で売上拡大のために用いられることが多いのですが、人事戦略の領域で活用しているのが当社のサービスの大きな特徴です。このようなデータに基づいた人事を「科学的人事」と呼び、従来の属人的な人事からデータに基づいた意思決定へのシフトをお手伝いして、さまざまな企業の人材活躍に貢献しています。

 

北島 なぜ今、科学的人事が求められているのでしょうか。

 

鈴村 1つは新型コロナウイルスの感染拡大によって働き方が変わり、評価制度を見直す企業が増えているからです。もう1つは急速なデジタル化です。事業そのものや働く環境もデジタルシフトをしなければいけない。その中で企業によっては、新規事業を立ち上げて、新しい成果を出していかなければいけない状況に追い込まれています。

 

このような経営課題に対する解決策として、科学的人事に期待が集まっています。新しい事業にシフトチェンジするにしても、社員のスキルを見える化をして適切な投資をするにしても、最適配置や育成をしっかりと実践することが企業の競争力に直結する。そのため社員のスキルをポートフォリオのように把握し、人事戦略について高度な意思決定をすることが必要なのです。

 

採用管理ツール、研修管理ツール、人事システムなど業務を効率化するためのシステムを導入されている企業は少なくないと思いますが、データがバラバラでは高度な意思決定へとつながりません。バラバラのデータを人力でまとめるのではなく、人材を把握できるようなデータのプラットフォームを構築することがDX化の第一歩です。

 

採用・配置・育成・評価・活躍といったデータを把握できるのが、当社が提供する「タレントパレット」です。現在、業界や業種に関係なく、社員数が数百人から数万人規模の幅広い業種の企業で活用いただいています。

 

 

 

1 2
FCC FORUM 2021一覧へイベントリポート一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo